テレビ朝日の大ナタ人事で、キー局から芸能レポーターが消滅!

サイゾーウーマン / 2012年3月31日 8時0分

写真

 テレビ朝日で行われた人事異動により、事実上キー局から"芸能レポーター枠"はほぼ消滅することになった。かつてはワイドショーの主役であった芸能レポーターだが、芸能プロダクションの強大化やインターネットの普及も相まって、次第に姿を消していくことに。マイク片手にタレントを追い回し、また記者会見で舌鋒鋭く質問をするポジションは、局側から必要とされなくなってしまったのだ。近年ではイベントや会見でのレポーターは、局のディレクターや地方局のレポーターだけとなっている。

「レポーターは外部スタッフであることも多いため、人件費が高くつくことも局から疎まれてしまう理由です。ここ数年、彼らの活動場は縛りが少ない地方局か、ウェブサイトや週刊誌のデータマンがメインになってきていました」(週刊誌記者)

 さらに今年4月、テレビ朝日系『情報満載ライブショー モーニングバード!』に出演していたから山崎寛代、みといせい子両レポーターも"卒業"することに。

「これでキー局から"芸能レポーター"は、全員いなくなったといっても過言ではありません。フジテレビの前田忠明氏、日本テレビの城下尊之氏らも、最近の肩書きはレポーターではなく『芸能デスク』。彼らは情報収集能力があるからこそ籍が残されているわけで、会見などにはまず出てこない」(前記者)

 また『モーニングバード』といえば、日テレから独立した羽鳥慎一アナが「局を移籍する際は最低半年間は休む」という業界の掟を破り、鳴り物入りでスタートした番組。しかし開始から1年で、芸能枠を刷新するという展開に。

「番組開始当初、前身番組である『スーパーモーニング』のスタッフ勢に対してプロデューサーは『古株スタッフは全員切る!』と強く主張していたそうです。当時は実際に大幅な人事は行われず済んでいましたが、1年経って数字の上昇も見られないことから、ついに実行されたということでしょう。レポーターだけでなく、番組からは芸能デスクやアナウンサーも卒業が決まっています」

 局サイドの台所事情もあり、後進の育成もまったくと言っていいほど行われなかったレポーター業界。最近になってある古参レポーターが「大慌てで若手レポーターを探しまわっている」(テレビ局関係者)という情報もあるが、やはり時代の移り変わりには逆らえないということなのだろうか。


【関連記事】

宮根誠司のスキャンダルも瞬殺する、バーニングとワイドショーの盤石の基礎

掟破りの羽鳥慎一アナ「テレ朝の革命」番組にかけた覚悟

「で、キミどこの記者?」マスコミ関係者が明かす、好感度の高い芸能人

サイゾーウーマン

トピックスRSS

ランキング