分裂騒動の山口組「抗争は必ず起きる」の重大証言

デイリーニュースオンライン / 2015年8月31日 7時0分

写真

 裏社会に激震が走っている。直系組織の離脱によって、内部分裂の危機に陥っていることが一斉に報じられた国内最大の指定暴力団山口組(神戸市)。

 最大勢力である山健組を中心に、関西の直系組織十数団体が離脱するとされている。

 離脱組は週明けにも新組織を結成し、「神戸山口組」を名乗るという情報もあり、事態は緊迫の度を増している。

「内紛の背景には、司忍6代目組長の出身母体である主流派の弘道会による〝独裁体制〟への反発があるといわれている。稼ぎになるシノギを独占している上に、人事面でも派閥外の組の人間への冷遇が目立つ。積もり積もった非主流派の不満が遂に爆発した格好だ」(捜査関係者)

不可解だった分裂騒動のリーク

 2011年に全国一斉施行された暴力団排除条例との関連を指摘する向きもある。

 情報筋によると、同条例が施行されて以降、当局の取り締まりが一層苛烈となってきた。収入源が枯渇していく一方で、「毎月100万円」ともいわれる執行部からの会費名目の上納金要求が変わることがなく、

「傘下団体の多くは組織内外からの〝兵糧攻め〟にすっかり疲弊しきっていた。五代目体勢で要職を務めた有力組織でさえ、組員の減少に歯止めがきかず、10人程度になってしまった組もある」(同)

 というから、相当な困窮ぶりだ。

 山口組をめぐっては、今年6月には、高山清司若頭が恐喝罪での有罪が確定し収監されている。

 高山氏は、2011年まで塀の中にいた司組長のかわりに、組運営を取り仕切ってきただけに、〝豪腕〟の不在が内紛を呼び込んだとの見立ても出ている。

 さまざまな憶測が乱れ飛ぶなか、唐突ともいえるお家騒動の裏側を読み解こうとする者もいる。

「今回の分裂騒動によって、弘道会とも近い山健組系の実力派組長が引退に追い込まれるとの観測も出ている。ただ、今回の報道が出た経緯がいかにも不透明だ。何の前触れもなく、週半ばの25日に突然、『山口組が分裂するらしい』と情報が出回り始めた。暴力団への締め付けが厳しくなっているこのご時世で、内輪もめをしても何のメリットもない。分裂を防ぐために調整の真っ最中だったとの情報もあり、何者かが意図的に内部情報をリークした可能性もある」(週刊誌記者)

 解せないのは、マスコミに今回の騒動にまつわる話が出始めた8月25日に、

「神戸市灘区の山口組総本部から出されたゴミの中から猛毒のフッ化水素酸(フッ酸)が検出される」というニュースが報じられたことだ。

 兵庫県警がこの一件で総本部への家宅捜索を行っているが……。

「流れがあまりにできすぎている。分裂して得するのは誰かといえば、警察だ。裏社会の住民の中には、組を追い込むために『絵』を描いて、分裂を既成事実化させようとしているのではないか、と勘繰る者もいる」(同)

 そして気になるのは、今後の動向だ。果たして抗争は起きるのか。在京の暴力団関係者に聞くと、「もはや不可避」としてこう語った。

「警察の締め付けや、法律の改正を理由に『抗争は起きない』という観測をたてる者がいるが、必ず起きる。今回の山健組の行動を誰よりも腹に据えかねてるのが他ならぬ司忍組長で、力で押していきながら、反乱分子を断裂していくとみて間違いない。実は、8月中旬から本家は今回の分裂騒動を予測しており、『離脱組が面倒を見ている飲食店などにはうかつに近寄らないように』と伝えてきた。何にもなしで終わるはずがない」

 騒動の成り行きから目が離せなくなりそうだ。

(取材・文/浅間三蔵)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング