石原さとみ&山下智久がフジ月9ドラマ共演で共倒れの危険性

デイリーニュースオンライン / 2015年9月10日 8時0分

写真

 女優の石原さとみが10月スタートのドラマ『5→9~私に恋したイケメンすぎるお坊さん~(仮)』(フジテレビ系)で主演を務めることが分かった。石原さとみが同枠で主演を務めるのは初めてのことだが、異色すぎるストーリーに相手役は山下智久ということで放送前からドラマに対する批判が相次いでいる。

 今作は石原演じる人生最大のモテ期が訪れた英会話教師と、山下演じる東大卒のイケメン僧侶が最悪な出会いをするも、後日見合い相手として再会する……。この〝ありえない設定〟に、放送目前から共感できないとの声が噴出。

 また、山下は低視聴率で有名。「僧侶役を演じるに当たり剃髪はしない」と、すでに公表しており、ネットでは

「ジャニーズのプライドは捨てられないみたいだな」
「別に山下じゃなくても、ほかに良い俳優がいただろうに……」
「山Pってだけで見る気がしない」
「もう、月曜日9時のドラマ枠って、ダメなんだなぁってつくづく感じる」

 などのコメントも相次いでいる。さらに、批判は石原にも飛び火し、

「石原さとみはこういう役しかもう来ないな」
「失恋ショコラティエの役がハマりすぎていたし、エロで売るしかもう手はない」
「もう世間は石原さとみ離れ始まってるけど(笑)。30手前の女優がモテ期って正直サブい」
「原作すごく面白いのにキャストがミスマッチ過ぎて、良いところ全然出せてない」

 などの意見が多数上がっており、石原の時代も終結へ向かっているようだ。

 フジテレビは現在放送中の『恋仲』で、人気若手俳優が勢ぞろいするも悲惨な結果を残している。山Pと石原さとみで、巻き返しは可能なのだろうか。

(文/田中ふさ子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング