峯岸みなみがホリエモンに「ずっと嫌い」と発言も「何様だよ」と批判殺到

デイリーニュースオンライン / 2015年10月14日 8時0分

写真

 10月12日に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に、アイドルグループ・AKB48の峯岸みなみ(22)が出演。実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(42)のことを目の前で「嫌いだった」と明かすも、「何様だよ」と厳しい意見が相次いでいる。

 同じ過ちを犯す人が増えないように、失敗した本人が授業を行う同番組。今回の放送では、「まだ世の中を舐めくさっている疑いのある先生」として堀江貴文氏が登場。8月にデンマークで開催されたトライアスロン・アイアンマンレースの密着VTRが紹介された。

「“しくじった”のはむしろ峯岸、エラソーに言うな」の声

 そこでは水泳3.8km・自転車ロードレース180km・フルマラソンと過酷なレースに挑む堀江貴文氏が映しだされ、突然の腰痛と吐き気に襲われながらも精神力で完走したことが紹介された。「レースで学んだことはありますか?」とスタッフに聞かれた堀江貴文氏は、「最後は気持ちだね。どんなに苦しくて追い詰められても、やりきる。自分からは逃げない」と語った。

 このVTRを見終わり、感想を求められた峯岸みなみは「堀江さんと初めて会ったのが、AKBがデビューして間もない時に。劇場にいらしてくれたじゃないですか。その時からずっと嫌いで」と告白した。

 さらに、「自分は全てを持っている人のオーラというか。威圧的だし」「なんでこんなブス集めたの? って言ってた。というのを聞いてすごい苦手だった」とまくしたてると、スタジオは笑いに包まれた。

 しかし、堀江貴文氏のあきらめない姿には「実際に頑張って結果を見せつけられると、やっぱり凄い人なんだなって。見方がちょっと変わりました」と感心。が、お笑いコンビ・ハライチの澤部佑(29)に「これ(VTR)を見て変わったっていうことは、授業の最初の頃は全然まだ嫌いだったんだ?」と聞かれると、「はい。イヤでした」と即答。スタジオでは爆笑が起こった。

 この峯岸の「嫌いだった」発言にネット上は賛否両論。

「峯岸さんナイスオチ」
「今日一番おもろいコメントwww」
「切れ味鋭いw」

 と、発言自体の面白さを評価する書き込みが見受けられる一方、

「このブス何様だよ」
「峯岸の方が嫌いだけどな。ホリエモンと違って中身無いし」
「ホリエモンの授業で分かったのは、峯岸の性格の悪さってことだな」

 など、辛辣な意見が相次いだ。さらにアイドルに詳しい芸能ライターはこう指摘する。

「峯岸みなみ本人もAKBの恋愛禁止というルールを破り、しくじっていますからね。視聴者としては、なんで偉そうに話を聞く側なんだ? というのが本音でしょう。というか、今やキャラ的には指原莉乃の劣化版。AKB卒業後、落ち目になる可能性は高いです。その時は過去のスキャンダルをネタに先生として登壇するかもしれません」

 今年の選抜総選挙では19位を獲得。チームKのキャプテンも務め、バラエティ番組でも活動中の峯岸みなみ。しくじり先生側として番組に出演しないよう、このまま順風満帆な芸能生活を送って欲しいものだ。

(取材・文/丸山ひろし)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング