神田うののセレブな生活…「秒速で稼ぐ」与沢翼とも接点が

デイリーニュースオンライン / 2015年10月27日 12時0分

写真

 ベビーシッターから盗難被害に遭ったことで話題を呼んだタレントの神田うの(40)。

 先日、神田うのの自宅から約1300万円相当の貴金属やブランド品などを盗んだとして、窃盗の罪に問われた岩井圭子被告(60)に対し、東京高裁が懲役2年4カ月執行猶予4年の判決を言い渡した。

 神田うのはあくまで被害者の立場だが、シッターを4人も雇っていたことや、数千万円の高級品に囲まれる暮らしぶりのほうが注目を浴びる結果となり、浮き世離れした金銭感覚がバッシングの対象となった。

六本木のセレブマンションつながり

 そもそもなぜ、神田うのはそんなにカネを持っているのか。

「うのがあれほど豪勢な生活を送れるのは、やはり旦那の存在が大きい。夫の西村拓郎氏は大手パチンコチェーン日拓の社長。テレビのバラエティー番組でうの自身が『年間1600億円の稼ぎがある』と告白して話題になった。あくまで年商なので、年収はそれほどではないでしょうが、数十億円規模の資産があるのは間違いない」(週刊誌記者)

 うの自身もフジテレビ系情報番組「ノンストップ!」にレギュラー出演するなど、タレントとしての稼ぎもある。セレブキャラを利用し、自身がプロデュースしたパンストを売り出す商才も発揮している。

 そんなうののバブルぶりを象徴するようなエピソードをキャッチした。

「交友関係の広いうのは、子持ちタレントばかりの〝セレブママ会〟を主宰するなど芸能界での〝ご意見番〟的なポジションを固めつつある。そんなうの人脈の1人に、一斉を風靡したあの人もいるのです」(事情通)

 関係者によると、その人物こそ、「秒速で1億円稼ぐ」をキャッチフレーズにして一斉を風靡した実業家の与沢翼氏だ。昨年には自らのブログで破産宣言をしてメディアの注目を集めたが、「この世の春」を謳歌していた全盛期にはこんな繋がりがあったのだという。

「実は、与沢氏が住んでいた六本木の高級マンションがうのの夫の西村氏の所有する物件だったのです。六本木通り沿いの一等地に建つマンションの最上階。賃料が100万円以上にも及ぶ超高級物件で、分譲なら1億5000万円は下らない。西村氏は、こうした別宅を複数所持しているはずです」(同前)

 これだけ金持ちならば、ベビーシッターもブランド品の1つや2つなくなっても気にならないことだろう。庶民感覚とはかけ離れたその金満ぶりには驚かされるばかりである。

(取材・文/浅間三蔵)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング