田中みな実&オリラジ藤森が破局…「チャラ男NG」説の真相

デイリーニュースオンライン / 2015年10月30日 12時30分

写真

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(32)と元TBSアナウンサーで現在はフリーの田中みな実(28)が、破局していたことが判明した。10月29日発売の『女性セブン』(小学館)がスクープしている。

 2012年5月にスポーツ紙に交際をスクープされるも否定を続けた“チャラ男”と“ぶりっ子”キャラの2人。だが、互いのマンションを行き来する「お泊まり愛」が『フライデー』(講談社)にキャッチされた。藤森もいつしか、

「いずれは『みんなの(みな実)』から『チャラ男の(みな実)』になればいい」

 と、真剣交際を宣言するようになった。

 あれから3年が経ち、2014年9月にはTBSを退社して田中はフリーとなった。テレビ番組では藤森の母親が、

「みな実ちゃんは長野(藤森の実家)に遊びに来てくれるんですよ」

 と発言し、両者とも結婚について「いい報告ができたら」「いつかそうなれたらいいなとは思います」と、前向きな回答までしていた。

 さらに半同棲状態であることが報じられ、もはや結婚も秒読みと見られていた。だが、田中の両親の大反対に遭い、この秋になって藤森から別れを切り出したのだという。

父は銀行役員、姉は東大卒……エリート一家が猛反対

 女性セブンによれば、田中の父親はメガバンクの役員をしていたほどのエリートで、東大卒の姉は外資系金融機関を経て現在は楽天に勤める才女。子供のしつけにも厳しかった両親には、とても“チャラ男”キャラの藤森との結婚は認められなかったようだ。

「藤森に“チャラ男”では済まされないダークなイメージがついてしまったのは、田中との交際発覚直後に明らかになった“中絶スキャンダル”ですね。モデルの女性を妊娠させ、中絶させた藤森は、口止め料も含めた350万円の慰謝料を払ったと『週刊文春』に報じられました。さらにこの女性がフライデーに情報を売り、焦った吉本側が『記事をもみ消す代わりに田中とのツーショットを撮らせる』と持ちかけてきたことまで、赤裸々に暴露されていました。ただ、これだけのことがあってなお田中が『一緒にいたい』と藤森を選んだことで、彼も考えを改め、2人の絆はさらに深まったとされています」(芸能ライター)

 世間的にもこの「中絶強要報道」に関するインパクトは大だったようで、

「藤森は最悪。田中みな実、したたかそうなのに男を見る目がないんだな」
「一番の被害者は田中みな実じゃない?よく許せたね」
「彼女、もっと上のクラスの男を狙えそうなのに意外と一途だったんだ」

 といった声が多く、田中に同情票が集まった。これだけの試練を乗り越えながら、あっけなく終わりを迎えた恋。“キャラ疲れ”した2人は、今後テレビでどんな絡みを見せるのだろうか……。

(取材・文/チロル蝶子)

デイリーニュースオンライン

トピックスRSS

ランキング