1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

リベンジポルノで芸能界追放?アイドルを悩ます”画像流出”の恐怖

デイリーニュースオンライン / 2016年5月25日 8時6分

写真

 今月19日、アイドルユニット・ドリィムアビリティ(DreamAbility)のメンバーである大場美優佳(16)が、グループを解雇されたことが所属事務所から発表された。

 公式ホームページやTwitterによると、大場の解雇理由は「重大な契約違反を犯したため」とされている。それ以上のことは公式では明らかにされていないが、ネット上では大場と思われる人物が、彼氏と思しき同年代の男性と親密にしている動画が流出したためではないかという説が濃厚になっている。元の動画は削除されてしまったが、Twitterなどではその後も拡散され続けている。

 大場の公式Twitterアカウントも既に削除されており、大場自らの公式コメントも発表されていないため、その真偽は定かではない。昨今なにかと話題になっている「リベンジポルノ」が絡んでいるのではという声がある一方で、ファンの間では「完全アウト」「やっちまったな」「アイドルとしてもダメだけど、一般人としてもダメでしょ」などという声も多数あがっている。

 ドリィムアビリティは2015年に結成。メンバーは昨年行われたオーディションで「バイトAKB」「元地下アイドル」といった面々を集めて構成されている。“国民的アイドルグループ”を目指し「未来を諦めない!夢に向かって一直線」というスローガンの下に結成されたアイドルユニットだ。

 そんなドリィムアビリティであるが、実は以前にも別のメンバーがスキャンダル騒動を起こしている。

■インターネットの脅威

 今年2月、メンバーの黒崎智花がグループ加入前に未成年飲酒していることが発覚。黒崎本人は一度活動の辞退を申し入れたものの、所属事務所の熱心な説得によりグループ復帰を果たしている。

「おそらく黒崎さんが復帰を果たしたのは、飲酒がグループ加入前のことだったからでしょう。しかし大場さんの場合は、加入時期に関わらず、流出動画の人物が本人と酷似しており、かつ性的なイメージを受けるという点で、事務所は即行レッドカードを提示したのだと思われます」(芸能関係者)

 メンバーの飲酒、そして動画流出となれば、グループ全体のイメージダウンにも繋がる。また、本人の命に関わるような最悪のケースも想定しなければいけない。

「同グループだけでなく、近年はネット上でのプライベート流出相次いでいます。最近起きた元シークレットガールズ・冨田真由さんのような事件が起きる可能性も想定して、各事務所はネットを利用するファンとの向き合い方への対応が早急に求められるでしょう」(前出・芸能関係者)

 解雇により突如アイドルの肩書を外されてしまった女性が、このような動画がネット上に流出した上で、通常の生活を無事に送ることができるのかという懸念も残る。アイドルにとってインターネットが重要なツールであると同時に、その脅威は身近になりつつあるようだ。

文・海保真一(かいほ・しんいち)
※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング