今後は”ゲスの極み乙武”として活動?乙武氏が笑いを交えて近況語る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月27日 11時37分

写真

 3月に発覚した”不倫騒動”により活動を休止していた作家の乙武洋匡氏(40)が27日、トーク番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で自宅ロケによるVTR出演し、夫人との離婚の経緯など近況を明らかにした。番組のレギュラーコメンテーターのダウンタウンの松本人志(53)は、「本来なら、座ってるのは車イスじゃなくて、都知事のイスだったのに」と独特の笑いを交えながら、乙武氏の同番組復帰、9ヵ月振りの地上波テレビ出演を祝った。

 自宅を訪れた松本をはじめ、番組MCの東野幸治(49)、ヒロミ(51)、古市憲寿(31)、佐々木恭子アナウンサー(43)らを前にし、乙武氏は仁美夫人との離婚の経緯などをあますところなく語った。現在子どもとは離婚以来、7ヵ月間、会えてないようで、「ある程度、覚悟していたけど、想像以上の騒ぎになってしまって。子どもをいちばんには守りたいというのが(元妻と自分の考えで)。私とは離れたほうが子どものためというのがあった。一生会えない状況じゃないですけど、今は会えていない。今でも記者に張り込みされているので」と告白した。

 乙武氏は現在、都内の自宅マンションで独身生活を送っているようで、ほとんど外出はせず大学院に提出する論文執筆などで時間が潰しているという。松本やヒロミが完全復活を期待して「あの件は絶対に風化させない」と皮肉交じりにエールを送ると、乙武氏は「そうなったら、僕は手も足も出ない。そう言っていただけるなら、今後は”ゲスの極み乙武”として頑張っていきたい」と冗談交じりに返答した。

 乙武氏の不倫騒動は、3月24日発売の週刊新潮が「乙武クン5人との不倫 一夫一婦制では不満足」として報道。他にも計5人の女性と不倫していたと報じられ、「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」と、本人もその事実を認めていた。

デイリーニュースオンライン

トピックスRSS

ランキング