明石家さんま&松本人志らが怒りを表明…芸人の”フジテレビ離れ”が深刻化

デイリーニュースオンライン / 2017年8月27日 19時0分

写真

 フジテレビが相次いで大物芸人たちの機嫌を損ねているようだ。来月9日・10日に放送される『FNS27時間テレビ にほんのれきし』では、恒例のトークコーナー「さんま・中居の今夜は眠れない」が放送されないことが伝えられているが、8月22日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の記事では、フジテレビは「にほんのれきし」というテーマに沿って構成を判断しただけだと主張している。また、「今夜は眠れない」に関しては明石家さんま(62)本人がラジオ番組で、「今はジャニーズ事務所側も、”生放送でさんまさんと絡ませるのは……”っていうことでペケになったんですけど」と語っている。

「ちなみに放送日である9日は、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)のジャニーズ事務所の退所日でもあります。「今夜は眠れない」が放送されないのも、ジャニーズに関する話題を直接的に触れさせないためだという声もあるとか」(芸能記者)

 また、さんま同様に、ダウンタウンの松本人志(53)もフジテレビに不満を募らせているようだ。松本がMCをつとめる『ワイドナショー』で、当時大きな話題になったSPEEDの上原多香子(34)の不倫騒動に関するコメント部分がカットされたことについて、松本が番組内でコメントしている。

「フジテレビからは、上原の話題は扱わないことになったと説明があったにもかかわらず、後日放送の『とくダネ!』(同)では放送されたため、松本のフジテレビに対する不満が爆発したようです。中居や上原の事務所の顔色ばかり伺った結果、フジテレビでも人気番組を持つさんまや松本から”フジ離れ”を起こされかねない状況になっています」(同・記者)

 こうした状況を打破するためか、フジテレビでは現在新たな手を考えているようだ。

■芸人たちの“フジテレビ離れ”が深刻化

「どうやら関係者の間では、SMAPの退所組の3人を囲い込もうとする動きが出ているのです。先日『めざましテレビ』では、唐突に稲垣のインタビューが放送されました。以前も同番組で、解散後の草なぎのインタビューが放送されました。香取の番組『おじゃMAP』(同)も継続されることも、彼らを今後も積極的に起用するという暗示なのかもしれません」(前出・芸能記者)

 しかしこうした彼らの囲い込みが、今後フジテレビにとってプラスになるかは未知数のようだ。

「さんまや松本の地雷を踏んでいる現状を見ても、フジテレビが今後ジャニーズの機嫌を伺いながら、退所組をうまく扱うことは難しいでしょう。そうなると、退所組からもそっぽを向かれることになる。こうした状況が続くと徐々に他のタレントもフジテレビ離れを起こしかねない状態になるのでしょうね」(同・記者)

 ドラマのキャスティングなども一苦労しているフジテレビだが、バラエティ番組にも影響が及んでしまうことになりかねないのかもしれない。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング