小林麻耶、海老蔵の子どもたちとのピクニックで決意「幸せな空間を作れるオバでありたい」

デイリーニュースオンライン / 2017年11月11日 13時15分

写真

 フリーアナウンサーの小林麻耶(38)が自身のブログで、姪っ子・甥っ子たちと早起きしてピクニックを楽しんでいることを報告した。月初あたりから風邪による体調不良を報告してファンも心配していた麻耶だが、現在はどうにか体調も回復し、紅葉が見える自然を堪能したようだ。

 麻耶は11日に『ピクニック』と題したブログを更新。「早起きしてお弁当持ってピクニック〜!寒いかなと心配だったのですが陽射しがあるところはポカポカしていました」と今年6月に乳がんのため逝去した妹・小林麻央さん(享年34)と歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)の間に生まれた麗禾ちゃん(6)と勸玄くん(4)らとピクニックに来ていることを明かした。

 さらに麻耶は自分の子どもの頃を回想し、「子供のころ、お外でお弁当食べるの楽しかったなぁ 皆さんは、好きでしたか??」と読者に問いかけ、「今、思うと、きっと、、、父は週末くらいはゆっくり家で休みたかっただろうに母は毎日の子育てで 父がいるときは休みたかっただろうに...」と両親の有難さにも感謝を示した。

 また、麻央さんの子どもたちに対しても「特別なことは何も出来ないけれど何気ない幸せな空間や時間を少しでも作れるオバでありたい」と改めて決意し、「妹と同じ環境で育ってきたのでわたしにできることはこういうことでいいのかな?と日向ぼっこしながらふと思いました」と結んだ。

 母親がいない寂しさを感じさせないように日々、子どもたちと正面から向き合っている麻耶。麻央さんも天国から姉の頑張りを頼もしく思っていることだろう。

文・内村塩次郎

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング