クリスマス前後のドライブが嫌われる理由がアンケートで判明「飽きた子供」は第二位で第一位は?

デイリーニュースオンライン / 2018年12月23日 19時50分

写真

 冬休み中の移動において家族内に険悪なムードを漂わせる原因のトップは交通渋滞であることが分かった。英ディズニーライフ社が行った今回の調査によれば、クリスマス期間に出かける家族は93パーセントにも上るそうで、そのうち75パーセントは子供が飽きるのを避けるため、デジタル機器に頼っていることが分かった。

クリスマス時期の移動が嫌われる理由トップ10:
1.交通渋滞(47%)
2.飽きた子供(40%)
3.トイレの要求(24%)
4.なんでも車に乗せようとすること(23%)
5.空腹の訴え(22%)
6.子供の反対意見(20%)
7.家族の集まりへの遅刻(19%)
8.飽きた親(18%)
9.車の故障(18%)
10.ラジオについての議論(15%)

 今回の調査におけるトップ10にはほかにもトイレに行きたくなることや遅れ、車のトラブルなどが喧嘩の原因として挙げられている。この時期、大切な人と過ごす場合はドライブを避けたほうが無難なようである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング