教え子と恋愛するのが哲学?レスリング栄和人氏に醜聞続々で芸能界からも非難の声

デイリーニュースオンライン / 2018年3月7日 21時6分

写真

 7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、レスリングの栄和人強化本部長による伊調馨選手のパワハラ騒動をめぐって、栄氏が自身の指導哲学として「選手と恋愛すること」と語っていることを紹介し、実際に二度も教え子と結婚していたことが明らかされた。その言動と、公私混同ぶりにアンガールズ・田中卓志が嫌悪感を露わにした。

 番組では、「栄和人氏指導哲学は『選手と恋愛する』 行き過ぎた愛情?教え子のためにマンションを購入!」と題し、栄氏の恋愛に絡めた指導方針や過去の言動を紹介。それによると、女子選手を指導するにあたって「好きにならないと本気で指導できない。俺は(至学館大学で練習する選手は)みんな好き。恋愛していると思っている」と語っているという。

 しかも、その指導哲学として、自費でマンションも購入し、選手を住まわせることや、1日24時間、1年365日、食事から昼寝、掃除洗濯など、プライベートまで管理する徹底ぶりだとか。伊調選手も、吉田沙保里選手も、高校時代は栄氏のマンションに住んでいたそうだ。

 また番組では、元週刊文春の記者・中村竜太郎氏が「私が聞いているところでは、近々、文春や新潮でパワハラ問題だけではない新たな栄監督とレスリング協会のスキャンダルが報じられるという情報がある。けっこうややこしい話になると思う」と、そのスキャンダルの詳細は語らなかったものの、栄氏は、今回のパワハラ騒動だけでは終わらない可能性が高いことを匂わせた。

 MCの坂上忍は「(選手の面倒を見るのは)大変なお仕事だと思う。愛情と厳しさを両立した監督であるのは事実なんでしょう」とフォロー混じりに栄氏の熱血指導について言及。しかし、番組出演者のサンケイスポーツ・森岡真一郎氏が、「栄さんは二回結婚しているんですけど、いずれも教え子の選手と結婚している。恋愛に入り込む、そういうタイプでもある」と、二度も教え子に手を出していたことを明らかにすると、スタジオ内からは「えー?」と、どよめきの声が聞こえた。

 それを受けて、坂上も「恋愛は自由ですけど、普通に考えて『みんな好き』って言っている時に、その身内にだけは手は出すまいと僕は思う。バランスが取れなくなる。悪い事ではないですが別に……」と言う一方、「ただ、ツッコミどころは満載」と率直な意見を語った。アンガールズの田中は、「恋愛しているかのようなスタイルで教えるのと、本当の恋愛になると、ちょっと……親からしたら娘を預けるのはイヤだなっていう感覚」「そこは一線を引いたほうが気持ちよく(娘を)預けられるんじゃないかと思う」と、嫌悪感を示した。これには、出演者たちからも同調する声が上がっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング