市川海老蔵、「DNAってすごいな…」勧玄くんに亡き妻・麻央さんを思い出す

デイリーニュースオンライン / 2018年3月30日 12時30分

写真

 歌舞伎役者の市川海老蔵(40)が自身のブログを更新し、長男の勧玄くん(5)の仕草が昨年逝去した妻の小林麻央さん(享年34)によく似ていることを明かした。

 現在、周囲のサポートを受けながら父親として2人の子どもたちを育てている海老蔵。子どもの様子も自身のブログやインスタグラムにも多く投稿しており、良き父親であることがうかがえる。

 現在海老蔵は特別公演『源氏物語 第二章』の公演のために東北地方に巡業中だが、子どもたちの世話は身内に任せているようで、不在でも子どもたちの様子をブログに載せることもしばしば。29日にもブログを更新し、「昨日の夜ですが」といったタイトルで記事を投稿。前日に撮影されたという勧玄くんのムービーを公開した。

 ムービーは勧玄くんがキリンの大きなぬいぐるみにまたがり歌ったり、ピースサインを繰り出して「パパ、いつもありがとう」と無邪気にコメントしたあと、「チュー」と言いながら投げキッスをするなど可愛らしい姿が見られるものとなっているが、海老蔵は「仕草が本当に似てるんです。DNAってすごいなと個人的に感じます」と勧玄くんの仕草が麻央さんそっくりであることを匂わせた。

 さらに、「ちなみにこんなにチューはないのですが、笑」と違う部分はあることを認めつつも、「雰囲気が似てるんです」と麻央さんのDNAに思いを馳せていた。

 この投稿にファンからは、「そっっくり!可愛い」「本当に良く似てきましたよね。可愛い仕草を見ると、必ず思い出します」「麻央さんは お子様達の中で生き続けていますね。当たり前のことですが。微笑ましいです」といった声が集まっていた。麻央さんが家族の前でしか見せていなかった一面は確実に子どもたちに受け継がれているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング