辻希美、家族団らんハワイ旅行も「あの可愛い愛犬たちはどうなった?」の批判殺到

デイリーニュースオンライン / 2018年4月3日 13時13分

写真

 辻希美(30)が、ハワイ旅行の一挙手一投足を連日、自身のブログに更新している。辻ファミリーは春休みを利用して、家族団らんのハワイ旅行に行っているのだが、ホテル内ではミッキーと写真を撮り、海に行ってはゴムボートにのって大はしゃぎし、プールサイドではのんびり……と、絵にかいたようなハワイを完ぺきに堪能している様子だった。

 そんな羨ましい限りの仲良し家族であるが、一部ネット上には辻ファミリーの行動に疑問符を投げかけるようなコメントも散見されている。

「愛犬たちは実家で見てもらっているのかペットホテルに預けているのか分からないけど、何日も離れててよく平気だなぁ。私の場合は、1日預けただけでも気になってしょうがなかったけど」

「ハワイで犬用の可愛い服とか買って帰るのかなぁ。存在すら忘れられてしまっているのかな」

 辻家は自宅で2匹の愛犬を飼っているはずなのだが、最近はほとんどブログやインスタグラムには出てこない状態が続いている。その愛犬を心配してのコメントが噴出しているのだ。

 愛犬を飼っている一家は、愛犬に寂しい思いをさせないために、よほどのことがない限り、宿泊を伴う旅行は避ける傾向にある。ハワイ旅行ともなれば通常は1週間程度は家を空けることになるため、それほどの長期間ペットホテルに預けるのは確かに可愛そうな面がある。それとも実家などの慣れ親しんだ場所に預かってもらっているのだろうか。帰国後の愛犬たちの元気な姿をブログで拝見したいものである。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング