北朝鮮の警察庁に新トップ就任

デイリーNKジャパン / 2020年2月14日 17時56分

金正恩氏と人民保安省の幹部たち(朝鮮中央通信)

韓国統一省は13日、北朝鮮の権力機構図(2020年1月現在)を公表し、北朝鮮の人民保安省(警察庁)の新たなトップにキム・ジョンホ氏が就任したことを明らかにした。 これまで人民保安相を務めていた崔富一(チェ・ブイル)氏は昨年12月に開かれた朝鮮労働党中央委員会総会を機に党中央委員会部長に異動していた。 キム・ジョンホ氏については2001年、北朝鮮メディアが人民保安省副相(次官)の肩書で報道しているが、同一人物かは不明。 一方、対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会委員長を務めていた李善権(リ・ソングォン)氏の外相就任に伴い、誰が後任となったかは不明のままだ。 また、南北協力事業の開城工業団地がある開城市が「特別市」に昇格した事実も確認された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング