1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

北朝鮮商人11人、密輸肥料や農薬を売っただけで刑務所行き

デイリーNKジャパン / 2021年4月6日 7時16分

北朝鮮政府の声明を支持する人民保安省軍務者集会(2017年8月11日付労働新聞より)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞と言えば、金正恩総書記の動静を伝えるものや政治的行事、思想、工場でのノルマの超過達成と言った、やたらと長くくて無味乾燥な記事が多いが、趣向の異なる記事もたまに掲載される。そのひとつが料理に関するものだ。

料理コンクール、地方の名物料理、料理講座など様々だが、材料として頻繁に登場するもののひとつが「マンネギ」だ。化学調味料(うま味調味料)の北朝鮮式表現で、直訳すると「味出し」となる。

広範に使われるようになったきっかけは、日本の鈴木商店(後の味の素)が、朝鮮が日本の植民地支配下にあった時代、朝鮮語の新聞に頻繁に広告を出すなど大々的なマーケティングを仕掛けたことだと言われている。

北朝鮮での消費量は不明ながら、かなり頻繁に使われるようだ。北朝鮮の雑誌「人民教育」2007年2月号は、大量摂取は手の震えや動悸などを起こすリスクがあるとして、老人、子ども、妊婦に対して使い過ぎを諌める記事を掲載したほどだ。

(参考記事:「焼き肉、キムチ、チジミ」は3大嗜好料理…北朝鮮メディア

北朝鮮の市場でも、大量の化学調味料が売られているが、扱っていた商人が逮捕されたと、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。一体どういうことなのだろうか。

逮捕されたのは清津(チョンジン)市の水南(スナム)市場の商人11人だ。

いずれも元々は、化学調味料、砂糖、胡椒など様々な調味料や香辛料を扱っていたが、状況が一変したのは昨年1月以降だ。新型コロナウイルスの国内流入を防ぐために国境が封鎖され、輸入品がいっさい入荷しなくなり、価格が高騰した。

地域は異なるが、首都・平壌郊外の平城(ピョンソン)市の玉田(オクチョン)総合市場では、昨年10月に1キロ4180北朝鮮ウォン(約67円)で売られていた砂糖が、今では3万1000北朝鮮ウォン(約496円)と約7倍に高騰していると、現地の情報筋が伝えている。中国製の化学調味料、大豆油、薬品、ミカン、バナナに加え、農薬、肥料などは見かけることすらなくなったという。

胡椒や砂糖などほぼ全量を輸入に頼っているものならともかく、化学調味料は北朝鮮国内でも製造、販売されている。清津には入荷するほどの生産量がなかったのか、原材料を輸入に頼っているため、国内生産ができなくなったのか不明だが、いずれにせよ清津の市場の商人たちは、中国製の化学調味料を扱っていたようだ。

(参考記事:地方の零細商人を踏み潰して荒稼ぎする平壌の国営企業

追い込まれた11人は、肥料、農薬、ビニール膜などの販売を始めた。国境貿易が再開するという噂が出ては消え、出ては消えを繰り返し、見通しが立たない中で、農繁期を控え売れ筋の営農資材を扱い始めたのだが、これさえも仕入れが難しく、11人は密輸された商品を扱っていた。

輸入された商品は消毒された上で、15日経ってから国内搬入が認められるが、その過程を経ていない密輸品を扱うのは犯罪行為だ。11人は市場に出ず、隠れて販売していたが、その話が市場管理所のイルクン(幹部)の耳に入った。彼らが市場に出てこないことで、得られる市場管理費が減ったことに不満を抱き、安全員(警察官)に通報した。

(参考記事:北朝鮮の輸入品消毒施設が完成間近、貿易を一部再開か

3月11日に逮捕された11人は、貿易関係者とグルになって2月末に中国から清津港を通じて営農資材を取り寄せたと陳述した。

安全部が、防疫規定を守らずに密輸、販売された物品が問題を引き起こす可能性があると見て、国家貿易措置違反で11人を厳罰に処する方針だという。そう言っても、情報筋の予想は2年程度の労働鍛錬刑(懲役刑)。密輸で処刑される人が相次いでいることを考えると、比較的軽めの処罰と言えよう。

(参考記事:「反逆者の末路を見ておけ」金正恩、軍将校ら11人を銃殺

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング