4/21「キメラアント編」放送開始のアニメ『HUNTER×HUNTER』は原作がグロすぎ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月20日 7時20分

写真

『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博/集英社)

 1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博/集英社)は、たび重なる長期休載を挟みながらも、いまだ人気の高い作品だ。

元記事はこちら

 物語は主人公のゴン=フリークスが、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、それぞれ自分の得意とする分野の稀少事物を追求するエキスパートであるハンターとなり、親友のキルア、仲間のクラピカ、レオリオなどとともにさまざまな冒険や戦いを繰り広げていくというもの。1999年に一度アニメ化され、その後オリジナルビデオアニメ(OVA)として続編も制作されたが、原作マンガの18巻途中でひと区切りつく通称「グリードアイランド編」までで途絶えていた。

 それが、2011年から改めて物語の最初から制作され、現在も放送中である2度目のアニメにおいては、4月21日から過去未開の領域だった「キメラアント編」に突入するという。このニュースに、喜びと同時に不安を覚えた人も数多くいたのではないだろうか。

 それもそのはず。『HUNTER×HUNTER』は、初期のストーリーこそ破天荒な野生児であるゴンの痛快なアクション冴える陽気な冒険活劇だったが、「念能力」という一種の超能力を駆使した戦闘がメインとなる幻影旅団との抗争あたりから、戦いの質が明らかに変化したからだ。「念能力」の登場は、力や技術だけでなく、個々の持つ能力の特性や相性を踏まえた頭脳戦などにも発展し、戦いをより奥行きの深いものに昇華させた反面、一般的な人間をはるかに超越した能力による惨殺シーンが激増したのである。

 そして、「キメラアント編」以降はその描写にさらに拍車がかかった内容になっている。そのあまりの過激な描写ぶりに「キメラアント編の映像化は難しいだろう」という、ファンのあきらめの声も時折聞かれていたほどだった。

 キメラアント編でその残虐描写がさらにエスカレートする要因としては、念能力以外に、ゴンたちハンターが対峙する相手が人間ではない点が挙げられる。

 物語上、第一級隔離指定種に認定されているキメラアントは、もともと捕食した種の能力が次に生む子どもに受け継がれるという性質を持っているアリである。それが、突然変異的に人間サイズの女王アリが現れたことや、いくつかのめぐり合わせによって人間が襲われ、人間が捕食対象となってしまった。人間の能力を取り込んでいるキメラアントの戦闘員たちは、他にも捕食した動物の影響を受けてさまざまな姿をしているが、当然のことながら言葉を話す。だが、当初は好戦的なうえに理性的な思考がほとんどなく、人間を無邪気に殺戮していく。その姿がより残虐性を高めているのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング