あだち充作品と『水曜どうでしょう』との共通点は“なりゆき”だった!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月26日 12時0分

写真

『大泉エッセイ~僕が綴った16年』(大泉 洋:著、あだち 充:イラスト/メディアファクトリー)

 今月19日に発売された大泉洋の『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』。大泉たっての希望で装画はあだち充が担当した。あだち充が自著以外の表紙イラストを描くのはこれが初めて。二人の邂逅を記念して『ダ・ヴィンチ』5月号では奇跡の対談が実現した。

元記事はこちら

【大泉】 今日は、僕の“あだち先生に会いたい”という思い一つで、このような場を作っていただき、本当に感謝しています。

【あだち】 とんでもない。僕も映画(『探偵はBARにいる』)と『水曜どうでしょう』を勧められて拝見していたので、お会いするのがとても楽しみでした。

【大泉】 あっ、そうなんですか! ちなみにどの作品をご覧に?

【あだち】 「夏野菜」と「アラスカ」の回でした。

【大泉】 ほぉー、それは僕が言うのもなんですが、いい作品をお選びになりましたね(笑)。

【あだち】 本当に面白かったです。「アラスカ」ではトランプに似顔絵を描いてましたよね。あれがすごく上手で驚きました。

【大泉】 いやぁ、うれしいです! まさか先生に絵を褒めてもらえるとは……(ニンマリ)。それで、先生にお会いしたら絶対に伝えようと思っていたんですが、僕にとって『タッチ』と『ラフ』はバイブルでして……。

【あだち】 そうみたいだね。でも、なんでそんなに思い出があるの? (笑)。だって、ほかに好きな作家は本宮ひろ志さんや武論尊さんとかって聞きましたよ?

【大泉】 確かに男のロマンが描かれてるマンガが好きですね(笑)。だから、甘酸っぱい青春マンガはあだち先生しか読んでないと言っても過言じゃないです。

【あだち】 まぁ、そういう僕も、普段は『仁義なき戦い』とか『ゴッドファーザー』のような硬派な映画が大好きなんだけどね。

【大泉】 そうなんですか!? ……ヤクザ映画を好きな人が『ラフ』を描いていたのか……。

【あだち】 なんだ、書いちゃ悪いのか!?(笑)

【大泉】 いえ、全然いいです(笑)。ギャップに驚いただけです。

【あだち】 大泉さんが『ラフ』を読んでいたのは、何歳ぐらい?

【大泉】 浪人生の頃ですね。友人から借りて、夜中に一気に読んだんです。もう、大興奮でした! 昂る気持ちをどうしていいか分からず、家族が寝静まった家の中を一人で、こうウロウロしちゃって……(と、話しながら、思わず立ち上がって、その時の様子を再現)。それでも気持ちが収まらず、「なんだ、この熱い想いは!」と叫びたい気持ちでした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング