本音と建前 なくなったら困るのはどっち?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年5月1日 12時10分

写真

『変態王子と笑わない猫。』(さがら 総:著、カントク:イラスト/メディアファクトリー)

 本音と建前。どちらも、社会のなかで生活していくうえでなくてはならない必要なもの。そんな本音と建前のどちらかがなくなってしまったら、一体どうなってしまうのか? そこで、今期からアニメも始まり、本音をなくした少女と建前をなくした少年が登場する『変態王子と笑わない猫。』(さがら 総:著、カントク:イラスト/メディアファクトリー)から、どっちをなくした方が困るのか見てみよう。

元記事はこちら

 まず、建前をなくした主人公・横寺陽人の場合は、思ったことをなんでも口にしてしまうのだ。たとえば、お金持ちで美少女の転校生・小豆梓には、初対面なのに公衆の面前で「あの娘、偉そうなわりに、ひっどいぺちゃぱいだよね!」と言ってしまうし、青いツナギを着て交通整理をする彼女を見て「交通整理の服ってきらきら光るから、夜の野外プレイに向いているな」なんてことを口走ったりする。また、鋼鉄と呼ばれて恐れられている陸上部の部長・筒隠つくしが、いつものスパッツではなく短パンを履いていたときも「ただちにスパッツに着替えろ、この考えなし!」なんて命知らずなことを叫んだりするのだ。そのせいで、“変態王子”なんてあだ名が学校中に広まってしまうほど。

 でも、無理して自分を取り繕っている梓に対して「放っておけないからここにいるんだ。それくらいわかれ!」とか「普通にしていれば好かれると思うし、僕も一般人の小豆梓の方が好きだな」なんて言葉を恥ずかしげもなくスラスラ言える。建前を取り返したくて梓に近づき、彼女を傷つけてしまったときも「――うそついてて、ごめんね。君を傷つけちゃった」と素直に謝ることができた。

 一方、表情や抑揚という本音をなくした少女・筒隠月子と、建前で本音が言えなくなった梓は、どちらも本心が見えない。梓の方は、横寺に「ぺちゃぱい」と言われても激怒して罵倒するどころか「躾の悪い犬に咬まれたみたいで、すごく楽しい…」と和やかな口調で返す。月子に横寺とはどんな関係かと聞かれたときも、横寺が「やだなあ、なんの関係もない人間を誘うほど、お嬢様が奔放なわけないじゃないか」と言ったので、ついつい「そ、そうね、魚心あれば水心、みたいなものかしら」と答えてしまうのだ。おまけに、横寺がペットになると言い出したときも「わ、わあい……やったあ……ぐるぐる巻にされたチーターぐらい、幸せよ……」と強がって、家族である母親にさえ「熱烈なアプローチをしてくるワンちゃんみたいな男の子がいる」とか「好き好き言われて困っちゃう」なんて建前を発揮する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング