人相で運勢を完全に読み取れるアプリがあったら?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月7日 11時40分

写真

『カオナビ』(井草 真/講談社)

 スマホユーザーの増加で続々登場しているアプリ。カードバトルやいろんなものを育成できるゲーム、家計簿のように実用的なものから恋人の行動をチェックできるというちょっと恐ろしいものまでさまざまなものが配信されている。写真を使って遊べるものや占いも人気だが、もし顔写真を撮っただけで性格や悩み、未来の運命まで100%的中させるアプリなんてものが存在したらどうだろう? 5月23日に発売された『カオナビ』(井草 真/講談社)の主人公であるサラリーマン・巻田は、そんなアプリ「カオナビ」を手に入れる。

関連情報を含む記事はこちら

 まず、顔にも手相と同じように人相というものがあるというのだが、「カオナビ」はこの人相を使ってその人の運勢を指し示す。だからこの「カオナビ」があれば、輪郭や目、鼻、唇の形などを見ただけで性格がわかってしまうのだ。輪郭が逆三角型の人は「知的で神経質デリケートで傷つきやすい」とか「美しいモノを重視する」という特徴で、丸型の人は「おおらかで社交的人との争いを避け常に心の円満を求める傾向にある」そう。目を見ただけでも大きければ情熱的、目尻が上がっていると執着心が強くて自己中心的。丸い形をしているなら、ひらめきがあって常に前向きな考え方ができる人ということまでわかってしまうようだ。

 また、シワにも大きな意味があるという。ほうれい線がハッキリしているほど仕事運がよくて、目尻のシワの多さは女好きの印。鼻の付け根にある横ジワは「成功運の相」といって、これがある間は仕事の成功間違いなしなんだとか。他にも、運気の通り道である眉間にうっすらとタテジワができていたら今現在物事がうまくいかないということらしい。眉間にシワができるのは、眉をひそめている証拠。確かに、そんな表情のときに物事がうまくいっているなんてことはないはず。

 さらに大事なのは、気色の色や出る場所。気色と言ってもいまいちピンとこないかもしれないが、それは顔に表れる危険信号のようなもの。ニキビやふきでものなどが最もわかりやすい例で、あれらは全部赤信号なんだそう。他にも、顔の中で赤や青くなっていたり、薄い茶色、黒、つやのない白色をしている部分があれば、それらもすべて赤信号。逆に、「乳白色(白く、つやつや輝いている)」や「紅潤色(透明感のある薄いピンク)」になっている部分があれば、青信号のようだ。

 そして、「顔の中に人形を当てはめて顔の部位から体のどこが悪いか判断する」という人形法を使えば、気色の出た場所によって体のどの部分に問題があるかもわかるという。まず、大の字になった人形を想像してそれが顔の真ん中にあると考えてほしい。男の人なら、伸ばした腕が眉、足はちょうどほうれい線と同じように口の下辺りまで伸びている。そして鼻の付け根は喉、真ん中なら胃の辺り、鼻頭は腸に位置するのだが、女性の場合はこの人形が上下逆になるので、口元が頭、ほうれいは両腕、眉は両足で鼻の付け根が腸になるそう。これを押さえておけば、気色が出た場所によって判断できるというわけ。それ以外にも、目元の気色で恋愛運や性生活に不満を持っているなんてことまでわかっちゃうようだ。

 本当にこんなアプリがあったらおもしろそうだなと思った人もいるだろうが、なんと『カオナビ』の連載開始を記念して講談社が実際にiPhone用の無料アプリとしてこの「カオナビ」を配信しているのだ。気になった人がいたら、一度試してみては?

文=小里樹
(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング