童貞を貫くのと、童貞を捨てるのどっちが難しい?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月18日 17時30分

写真

『俺が童貞を捨てたら死ぬ件について(2)』(若林裕介、もりた毬太/ほるぷ出版)

 「童貞を捨てるのは大変だ」という話はよく聞く。たしかに、いざ捨てようと思っても風俗や出会い系以外で相手を見つけて童貞を捨てるのはなかなか難しいのかもしれない。でも、逆にずっと童貞を守り抜かなければならないとなったらどうだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 5月11日に2巻が発売された『俺が童貞を捨てたら死ぬ件について』(若林裕介、もりた毬太/ほるぷ出版)の主人公・一条和也は、15年後に再会した親友で童貞の山田正己に首を絞められて殺されてしまう。和也はその記憶を抱えたまま15年前の世界にいて、もう一度高校生として過ごすのだが、自分が殺された理由は正己より先に童貞を捨てたからだと思い込み、今度こそ殺されないように童貞を守り抜くと誓うのだ。そこで、童貞を捨てるために努力する『抱かれたい道場』(中川ホメオパシー/秋田書店)や『30歳の保健体育 恋のステップアップ編』(三宅大志/一迅社)と童貞を貫く『俺が童貞を捨てたら死ぬ件について』から、どっちが本当に大変なのか分析してみよう。

 まず、『抱かれたい道場』の主人公は、25歳で童貞のノボル。彼は、5歳のころからずっと思いを寄せている川村美月とヤれるなら「来世で便器になったってかまわない!」と言い切るほど必死。そんな彼は、“抱かれたい男”になるために抱かれたい道場の師範である舵原先生のもとへ弟子入りする。そこで、「子宮に優しい殺し文句」を体得したり、どんなに離れた場所からでも息を吹きかけるだけで相手を感じさせることができる「遠隔愛撫(リモートペッテング)」をマスターしようとしたりする。さらに、女の子はサプライズプレゼントに弱いということで、自分にリボンをかけてプレゼントするという方法を教えてもらったりもするのだ。エロ本以外の知識がないので何が正しいのかも見抜けないし、なんにでもすがりたい気分なので言われるがままに従ってしまう。

 また、『30歳の保健体育 恋のステップアップ編』の主人公・山田のように、運良く彼女ができたとしてもまだまだ道のりは遠い。「きたる日のためにコンドームを買ったしローションも買った!! 大人の玩具の最新情報も毎日チェック!!」といったことだけは完璧なのに、いざ彼女を目の前にすると手すら繋げない。嫌われたらどうしようと不安になってなかなか手が出せないし、水着姿を見たり、キスする姿を妄想するだけでフリーズしてしまう。せっかく勇気を出して観覧車に乗っても対面に座ってしまい、みすみすキスのチャンスを逃してしまうのだ。出会って付き合ったらすぐエッチできるというわけでもないので、童貞を捨てるのも簡単じゃない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング