戦う女子は美しい! TVアニメC3部でも人気のサバゲーを初体験してみた。【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月10日 7時20分

写真

サバゲー初体験のAngeさん

 読者の皆さんは「サバイバルゲーム」、通称「サバゲー」をご存知だろうか。

公式レイヤー5人の写真付レポートはこちら

 BB弾を装填したエアガンを用いて、敵味方に分かれてお互いを撃ち合うエクストリームスポーツだ。

 少し前まで、「サバゲー」と言えば男性が楽しむというイメージが強く、女性は気軽に踏み込めない世界のような印象だったが、近年では「サバゲー」を趣味とする女性、いわゆる「サバゲー女子」が急増している。
さらにそれを後押しするかのように今期は、サバイバルゲームと女子高生を題材としたアニメ「ステラ女学院高等科C3部(しーきゅーぶ)」も放送され、ますますサバゲー人気が高まっている。

 「C3部」は高校の部活動としてサバイバルゲームを楽しむ女子高校生の日常が描かれており、メインヒロインの大和ゆら(CV:牧野由依)もまったくの初心者、しかも内向的な性格でありながら、一方ではその性格と変えたいと願っており、なりゆきではあったがサバゲーを始めることとなった。

 そして、実戦に実戦を重ねることで、徐々にサバゲーの魅力に気づいていく……といった内容だ。

 サバゲーを楽しむ女子が急増している理由として、ストレス解消や非日常体験を上げる人が多い。それは男性の日常が攻撃的(お金を稼ぐ、ライバルを出し抜いて出世する、女性を落とす)側面があると仮定すると、女性の日常は保守的(家を守る、子供を守る、男性を受け入れる)なことが多く、たまには攻撃的で破壊的な衝動に駆られるのかもしれない。

 また、かのフロイトも自著『精神分析入門』の中で男性器の象徴的表現として小銃、短銃、連発式ピストルなどの銃火器を上げており、昨今の女性による社会進出に比例して、オス化した女性が好んで(深層心理も含め)いる可能性も考えられる。

 最近は女性有名人やファッションモデル、はたまた秋葉原のメイドさんまでもが「趣味はサバゲー」を公言しており、この盛り上がりはブームになる兆しさえ見せている。

 と、難しい話はここまでにして、実際に体験してみないことには魅力が分からないのでは? ということで、「サバゲー」に興味津々な公式コスプレイヤーを募り、山梨県大月にあるサバゲー専門フィールドに乗り込んだのだった。

 今回、彼女たちのデビュー戦を応援してくれたのは、サバイバルゲームフィールド「アジト(AGITO)」とそのオーナーであるキングジョー氏。廃工場を利用した本格的なフィールドは、ビル、廃墟、倉庫など多彩なエリアが存在しており、週末ともなると日本全国からサバゲーファンが大挙して訪れる日本最大級のインドアフィールドだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング