「となりでコスプレ博」イベントレポート―「コスプレ」は世界に通じるコミュニケーションツールだ!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月12日 17時30分

写真

コミックマーケットと同日に開催される「となりでコスプレ博」。『進撃の巨人』のコスプレも見られた

 8月10日から3日間、お台場のビッグサイトで開かれているコミックマーケット(以下、コミケ)。今年の来場者は過去最高となり、年初来の暑さを記録した猛暑日と重なったことで熱中症になる参加者が後を絶たないなど話題に事欠かないが、その会場の隣にある東京ファッションタウンビル(TFT)では、都内で開催されているコスプレイベントとしては最大級の人気を誇る「となりでコスプレ博」、通称「となコス」が行われていた。

他のコスプレ写真(10枚)を見る

 今回のイベントではTFTのイベントホールをすべて解放し、冷房の効いた快適な屋内だけでなく、テラスやカフェスペースなどコスプレを全力で楽しめるような会場が用意されている。

 コミケのコスプレ広場が例年にも増して人で溢れ、もはや観光名所的な混雑具合の様子を呈している中、となコスはゆっくりと楽しみたいコスプレイヤーに人気があり、コスプレSNSで有名なコスプレイヤーズアーカイブ(以下、アーカイブ)でも参加希望者が1,000人を越えていた。というのもコミケの開催に合わせてビッグサイト付近では数々のイベントが企画・開催されていたそうだが、継続的でなおかつ定着したイベントはとなコスを含めた少数だそうだ。着替えスペースだけでなく、手荷物を預けられたり、水分や塩分補給を促したり、撮影グッズの貸し出しがあったりと運営サイドの細かい気配りが人気の秘訣だろう。

 コスプレはアニメやキャラクター愛の具現化であると仮定すると、人気のコスプレ=支持されている作品と言い換えることができる。先のアーカイブの参加者による作品ランキングを参考にすると、

1位:FREE!
2位:VOCALOID
3位:うたの☆プリンスさまっ♪
4位:進撃の巨人
5位:ラブライブ! School idol project

 となっており、今期放送中の『FREE!』の圧倒的な人気を垣間見ることが出来る。

 確かに会場の至る所には「IWATOBI」と背中に書かれた白地にブルーのラインが入ったジャージや白シャツにサマーブルーのラインが入った男装コスプレを楽しんでいる参加者が散見された。

 他にも上記のランキングには入っていないが、『ダンガンロンパ』の江ノ島盾子や霧切響子、『とある科学の超電磁砲』の白井黒子、初春飾利、佐天涙子、『化物語』の羽川翼など、今期の覇権アニメになりそうな作品の参加者が思い思いにコスプレを楽しむ姿が印象的だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング