派閥争いに近藤の巻き返し? 『半沢直樹』の原作本、痛快シリーズ第2弾!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月18日 7時20分

写真

『オレたち花のバブル組』(池井戸潤/文藝春秋)

 「基本は性善説。ただし、やられたら倍返し!」きっちり借りを(多めに)返す銀行員、半沢直樹は、栄転先の東京中央銀行本店営業部でも難題をふっかけられます。今度は120億円の損失を出した融資先伊勢島ホテルの再建。老舗にありがちな同族経営者と古参社員の風通しの悪さに加え、もともと融資をしていた東京中央銀行京橋店までもがまったく非協力的、というより、足を引っ張ってくる。今回の転勤でもまともな上司の下に配属ならなかったものの、行内は相変わらず魑魅魍魎の巣なのです。派閥争いにも巻き込まれるのですが、半沢自身の言動がより多くの敵をつくっている部分もあり、金融庁の検査まで降り掛かってくる…。

『オレたち花のバブル組』のもっと詳しい情報はこちら

 『オレたちバブル入行組』(池井戸潤/文藝春秋)の続編であり、2013年7月クールで視聴率1位のドラマ『半沢直樹』(TBS系)のもうひとつの原作でもある『オレたち花のバブル組』。半沢だけではなく、同期もがんばっているのがシリーズ読者にはうれしいところ。渡真利は相変わらずいいバイプレイヤーぶりですが、前作ではパワハラで鬱状態になってしまった同期の近藤が、奇跡の巻き返し。前半、出向先でもいいように苛められている近藤の姿には、なんでこんなにやられっぱなしなんだよと正直イラッとしましたが、吹っ切れて出向先の社員とともに会社の建て直し&体質改善に取り組む中盤以降は読んでいて大変元気が出ました。仕事で言いたいことが言えていないような方にぜひ読んでいただきたいです。

 もちろん、この作品から読み始めても、まったく独立した小説として楽しめます。読みどころは半沢VS金融庁検査官、黒崎駿一。明るい色のスーツにオネエ言葉の国家公務員、もしも日本にもBEST VILLAINS(最高の悪役)賞があれば、必ずや高位にランクインすることでしょう。さらにラスボスとの対決もあるエンターテインメントてんこ盛り状態で、結末は諸行無常。この茫然自失感も含め、この小説はまさに、読むジェットコースターと言えましょう。

文=遠藤京子
(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング