1stアルバム発売! 春奈るな単独インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月20日 17時40分

写真

8月21日にリリースされる1stアルバム『OVERSKY』

 『空は高く風は歌う』での鮮烈なデビューから約1年3ヵ月、アーティスト・春奈るなが自身の全てを詰め込んだ1stアルバム『OVERSKY』を8月21日にリリースする。また、8月23日から開かれるAnimelo Summer Live 2013にも出演予定の彼女。

春奈るなの詳しいプロフィールはこちら

 TVアニメ『Fate/Zero』2ndシーズンエンディングテーマとなった1stシングルから始まり、数々のアニメとタイアップして新曲を発表し続けてきた彼女。7月にはじん(自然の敵P)プロデュースによるTVアニメ『<物語>シリーズ』2ndシーズンエンディングテーマをリリースし、話題を呼んだばかりだ。

 今回は1stアルバムリリース直前の春奈るなに直撃インタビューを実施。現在の心境とアルバムの魅力、そして彼女の原点について、たっぷりと語っていただいた。


■春奈るなの歴史を綴る渾身のアルバムに

──1stアルバムリリースを控えた現在の心境を教えてください。

春奈:デビューからあっという間の1年でした。アルバムを出せると決まった時は一瞬信じられなかったです。「もう出してもいいのかな?」っていう思いがあって。でも、アルバムはずっと出したいと思っていましたし、それぞれのシングルもアルバムになってやっと完成したという感覚もあり、とても嬉しかったです。

──アルバムタイトル『OVERSKY』にはどんな想いを込めましたか。

春奈:空を越えることで、空の先には“宇宙”がある──そんな想いを込めました。

──どんなアルバムに仕上がりましたか。

春奈:デビュー前に『リスアニ!』誌上で発表したプレデビュー曲『微熱の月』も収録されていて、私の歴史が綴られている1枚になっています。多彩な曲調の楽曲が収録されていて、一曲一曲が宇宙に浮かぶ惑星のようなんです。いろいろな星が宇宙には浮かんでいて、そこを私が旅しているようなアルバムです。

──春奈さんのこれまでの歩みを感じられますね。

春奈:はい、特に『微熱の月』は今聴くと新鮮ですね。声も表現力も少し若いなという印象です。私がよくやるのは、アルバムの収録順ではなく、リリースした順に聴いていくという楽しみ方です。最初にプロローグを聴いて、次に『微熱の月』を聴いてから、その次は『空は高く風は歌う』を聴いて……というように。こうすると歌声の変化が分かるんです。

──そういう楽しみ方ができるのも、アルバムをリリースしたからこその醍醐味ですね。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング