快適な「夏フェス」へ。日本のロック・フェス、成長の軌跡

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月23日 12時10分

写真

『ロック・フェスティバル』(西田浩/新潮社)

 26年前、熊本・阿蘇の野外劇場で行われた日本初のオールナイトロック・フェス、「BEATCHILD」のLIVEドキュメンタリー映画『ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987』が話題である。伝説のLIVEの映像化を望む声に応えるべく、10月下旬から全国で上映されるという。豪雨の中立ち尽くすオーディエンス、雨に打たれ熱唱するアーティストの予告映像は実に印象的だ。

関連情報を含む記事はこちら

 その映像と重なる光景がある。「BEATCHILD」から10年後の1997年、今から16年前に開催された「フジ・ロック・フェスティバル’97」伝説の第1回だ。

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズやプロディジー等海外の錚々たるアーティストに加えて、日本からはザ・イエロー・モンキーやザ・ハイロウズなど、出演者すべてがヘッドライナークラスという日本初の大型野外フェス。筆者は夏のイベント取材の一貫として、ごく軽装で会場の天神山スキー場へと向かった。台風接近中のためビニールカッパを持ったがレインウェアではなく、足元は耐水性のない布地のスニーカーだった。メインステージ前のスタンディングエリア後方に立つと、ゆるい傾斜を感じる。ほどなく雨が降りだして足元が徐々にぬかるみ、強風で一気に寒さが増した。いやな予感がした。

 当時の状況を、主催するプロモーター、スマッシュの日高氏は自身の著書『やるかFuji Rock 1997‐2003』(日高正博/阪急コミュニケーションズ)に、こう記している。「自分たちは経験が足りなかったし、お客さんも経験がなかった」「<降りしきる雨にもかかわらず、お客さんの間から湯気が上がり始める。おれも、スタッフたちもとりあえず目の前にある仕事に取りかかったり、動いているんだけど、もうわけがわからなくなっていった…」。

 スタンディング慣れした外タレ好きの客と、特定のバンド目当ての女性ファンがステージ前に混在するという、危険な状況。小雨が土砂降りに変わっても、客が雨をしのぐ場所はない。救護所には体調不良になったずぶ濡れの客が続々と運び込まれる。トリのレッチリは嵐の中、70分の持ち時間を消化せずにLIVEを切り上げ、会場はゴミだらけの泥沼と化し、翌日の開催は中止となった。本書内の新聞記者によるコラムに<あの状況で、人が死ななかったのは奇跡と言っても過言ではない>と書かれたほどの壮絶さだった。こうして日本のロック・フェスは混乱と泥沼の中、スタートした。

 初回の反省を糧にフジ・ロックは改良されていく。洋楽系ロック・フェスに精通する記者・西田浩氏の『ロック・フェスティバル』(新潮社)によれば、フジ・ロックは最初の2回で天候問題や運営の混乱、参加者の準備不足によるトラブルが出尽くした。主催者側はゴミ回収システムなどの改善策を図り、参加者も、見たいバンドを全て見ようと望むのは正しい楽しみ方ではないことに気づき始める。現在の苗場に会場を移した3回目はフェス日和で、動員こそ過去2回に及ばなかったが、かつてのトラブルがうそのようにスムーズに運営され、“自然と共生した音楽祭”という日高氏の意図はひとまず達成されたと評している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング