『ガッチャマン』の歴史―『クラウズ』から『科学忍者隊』までを遡る

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月26日 18時20分

写真

『ガッチャマン クラウズ』(C)タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員

 夏アニメもついに後半戦に突入。多くのアニメが放送されている中、たまたま視聴のタイミングや機会を逃していたり、発表されたキービジュアルの第一印象で食わず嫌いならぬ「見ず嫌い」のアニメがあるのではないだろうか?

年代ごとの『ガッチャマン』を画像で見る

 そんな隠れた名作を見ずに秋アニメを迎えるのは実にもったいない!

 そこで今期一押しのアニメを当編集部のライターにじっくり語ってもらう新コーナー「俺の覇権アニメ」がスタート。第1回はネットでも評判の高い『ガッチャマンクラウズ』を、ガッチャマンとタツノコプロの歴史を紐解きながら紹介しよう。

 とにかく「熱く」て「長い」紹介だが最後まで読んでほしい。きっと『ガッチャマン』に興味を抱いていただけるだろう。

●はじめに
 1972年10月のアニメ第一作の放送開始から、なんと40年もの歳月を数える『科学忍者隊ガッチャマン』シリーズ。もはやタツノコプロというだけではなく、我が国のアニメ文化を代表するコンテンツと言える。先日から公開中の実写版、そして現在オンエア中の新作『ガッチャマン クラウズ』と、今年は正にガッチャマンイヤー。今回は、その歴史を振り返っていこう。


●『科学忍者隊ガッチャマン』(1972~1974年)
 時は1972年、テレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』はスタートした。それまでの日本のSFアニメといえば、アトムや鉄人28号の流れを汲む、丸っこい漫画らしさを活かしたデザインが主流だったところへ、いきなり現れたガッチャマンは、タツノコプロ独特のアメコミ的でリアルなキャラクターに加え、なんと言ってもその重厚かつシャープなメカデザインで、少年たちのハートを鷲掴みにした。
 ガッチャマンの先鋭的なビジュアルを支えたのは、美術監督の中村光毅。そして、メカデザインにはこれが本格デビューとなる新人デザイナーの大河原邦男を抜擢。そう、後にあのファーストガンダムを手掛ける事となる二人なのである。放送当時リアルロボットの最先端を画にしてみせたガンダムだが、戦艦のブリッジやズムシティの公王庁など、随所にタツノコっぽさを残している。虫プロダクション系の富野監督〜安彦作画監督と、タツノコ系の中村美術監督〜大河原デザイナーのラインの融合がガンダムのカラーを決定づけたとも言えるのだ。
 そして、大人気となった『ガッチャマン』は、2年にも渡るロングランとなり、アメリカでも『Battle of the Planets』として人気を博し、ジュンのパンチラは海の向こうの少年たちの目に焼き付けられた。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング