「コックリさん」「カー消し」…、70年代の遊びが素朴すぎる

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月27日 11時40分

写真

『子どもの遊び黄金時代 70年代の外遊び・家遊び・教室遊び』(初見健一/光文社)

 アイドルの心得やコーディネート提案をしてくれる「アイカツフォン」に、赤外線ヘリコプターの「ナノファルコン」など、どんどんと進化する子ども向けオモチャ。当然のことながら、子どもたちの遊びも時代とともに変化しているのだ。

関連情報を含む記事はこちら

 そのことを痛感させられるのが、先日発売された『子どもの遊び黄金時代 70年代の外遊び・家遊び・教室遊び』(初見健一/光文社)という1冊。外で元気に駆け回って遊んでいた昭和が色濃い世代とも、80年代の「オタクでデジタルでインドア派」とも違う“すき間世代”である70年代の子どもの遊びにスポットをあてた本書には、日本が忘れた、いや当事者世代も忘れてしまったであろう“無邪気さ”が満載なのだ。

 たとえば、「ブームになった教室遊び」として紹介されているものに「下敷き静電気」という遊びがある。お察しの通り、下敷きを頭にのせて、ただひたすらに擦りつけるだけ。下敷きを頭から離すと……見ろよ髪が逆立ってるよ! すごいだろ! と自慢する。これが「遊び」にカウントされてしまう時代だったのだ。

 また、みんなの憧れ・スーパーカーも、当時流行ったおもちゃのひとつ。スーパーカーといっても、きれいに塗装されたミニカーではなく、単に車のかたちをした消しゴムである。その車体の後方にノック式ボールペンをあて、ボールペンを「1回ずつ弾いて」は、その滑走距離を競い合うのだ。涙ぐましいほどに地道な遊びではないか。

 しかし、子どもたちが夢中になったのは、このボールペンレースそのものよりも、「事前のチューンナップ」だったそう。車体の裏にホッチキスを刺したりセロテープを貼るなどして摩擦係数を減らすのはもちろん、一晩シンナーに漬け込んで消しゴムを硬くさせる“シンナー漬け”なる荒ワザも駆使。その情熱を傾ける心はすばらしいが、親ならちょっと心配になる危ない技である。

 そんな消しゴム遊びに夢中の男子たちを尻目に、一方で女子たちの定番は「ハンカチ遊び」だった。ハンカチを折りたたんでバナナをつくるのはテッパンとして、人気だったのはリボンだ。このリボン、目にあてればメガネになり(といっても布で前が見えないが)、胸につければブラジャーに大変身。この3段変化の最後に「ブラジャー!」とオチをつけるのが女子流ギャグで、男子を狼狽させていたそう。まさに「無邪気な低学年女子にしかできない捨て身のギャグ」だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング