劇場公開間近!『あの花』の聖地、秩父を巡礼してきた

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月27日 20時10分

写真

聖地巡礼のナビゲーターを務めた現役高校生モデル・エミリちゃん

 もしも、あの日に戻れるなら……。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる名作アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(通称「あの花」)。 31日には待ちに待った劇場版の公開が迫り、前日の30日にはニコ生での一挙放送も行われる予定で、ファンの間では話題沸騰中の作品。

「あの花」聖地巡礼写真付きレポートはこちら

 ご存じのように、「あの花」の舞台は、埼玉県秩父市。すでに聖地巡礼の地として、多くの人が訪れているという。しかも、アニメ放映後もあの花ブームは過ぎ去るどころか、さらに多くのファンが巡礼に押し寄せているという秩父。秩父には、いったいどんな魅力があるというのだ? そんな話題の聖地を訪れることで我々もその魅力を探ることにした! それでは、出発進行!!

 じゃん! 到着しました、西武秩父駅。ここは、都心から秩父への玄関口。都心の雑多な風景とは別世界のとっても、のどかな駅前だ。ん? な、なんと! 写真をよく見ると、銀髪の美少女、めんまが写っているではないか? もしかして、我々に会いにあの世から降臨してくれたのか!?
そんな訳はない……。彼女はれっきとした人間である。今回、聖地巡礼のナビゲーターに選ばれたモデルのエミリちゃん。現役高校生だけに透明感溢れる少女である。


■キービジュアルの橋で大自然を堪能!

 市街地から車で10分ほど移動すると、旧秩父橋へ到着。アニメのキービジュアルのほか、物語の随所に頻出する最重要スポットだ。取材班が到着した時には、すでに他の巡礼者の姿もチラホラと見受けられた。

この橋は、なんと1930年に建てられた由緒ある建造物なのである。しかも「江戸巡礼古道」という、江戸時代に人々が寺院を回っていたルート上にあるのだ。いまも昔も、秩父橋は人々にとって巡礼の地なのである!

橋の上から見える景色は、絶景の一言。荒川のせせらぎに、緑が美しく栄える。

風光明媚な景観に、エミリちゃんも思わず叫びたくなってしまった!「お〜い、じんた〜ん!」

もちろん返事が返ってくるはずはないが、こんな大自然に囲まれた子供時代はちょっとうらやましいぞ!

続いて向かったのは、旧秩父橋の階段を下ったエリア。劇場版のキービジュアルに使われたあのスポットだ。長い階段が印象的である。今日は、超平和バスターズのメンバーは一人しかいないけど、記念にパチリ!

階段を下った先は、川面が近いこともあり、川のせせらぎがより大きく聞こえてくる。美しい日本の夏……。五感を研ぎ澄まして味わいたい風景……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング