台本を読まないキャストが続出!? 結末を投票できる参加型舞台「シュタゲ」がスゴイ!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月5日 17時30分

写真

舞台『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』

 ゲーム、アニメ、劇場映画と快進撃を続けている「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート/以下シュタゲ)」シリーズ。この秋は、新たな展開として、舞台化も予定されている!! 公演に先立ち、製作記者発表会が先日行われた。

舞台メンバーの写真はこちら

 この日、主人公・岡部倫太郎役の渡辺大輔さんをはじめ、原作の志倉千代丸氏、脚本・演出の西田大輔氏、そして主要キャストが勢揃いした。

 原作の志倉氏は、「僕が『シュタゲ』をつくっていたときに、まさかこんな未来が見えるとは、思いもしませんでした。劇場版のときもそう思いましたが、まさか舞台化まで!」と感無量のあいさつ。

 それもそのはず、「シュタゲ」とは、メールを過去に送るタイムマシンによって、過去と未来の時空移動を繰り広げるストーリー。
 そんな壮大な世界観をどのように舞台上に表現するのか気になるところ。

 と、そこで各キャストへ、稽古や台本について司会者から質問が出ると、キャストからはこんな声が上がった。

「こんなに分厚い台本が届くなんて、ちょっとビックリしました」とは、椎名まゆり役の小池里奈ちゃん。続いて、橋田至役の長友光弘氏も、「台本をもらったときに、あまりにも厚すぎたので、稽古初日まで読まないと決めました! どちらかというと、動いて台詞を覚えるタイプなので!」とコメント。

グラビアでも大活躍の小池里奈ちゃんは、どんな「まゆしぃ」を演じるのか楽しみだ、トゥットゥルー♪

 さらにマジメそうに見える、天王寺裕吾役の小川輝晃氏も「今まで120本くらいの舞台に出演してきましたが……、ここまで細かく別れている台本は、ないですね」と少々困惑の表情を見せた。

 それもそのはず、この舞台ではエンディングが6つに別れているのだ。6つのストーリーに合わせて、セリフがすべて異なるのである。舞台の中盤よりそれぞれのラストへ物語が展開していくため、膨大な量のストーリーラインが用意されているという。  おかげで台本は、まるで電話帳のような厚さになってしまったのだとか。

 しかも、驚くべきことに、そのエンディングは観客の投票によって選ばれる。

 物語にも出てくる、通称「Dメール」に観客が登録し投票すると、その日の公演のエンディングに反映される。最大多数を獲得したストーリールートが上演されるという。

 どの結末が上演されても一本のストーリーとして完結しているので楽しめるとのことだ。この舞台の特徴でもある6つのストーリーをコンプリートすると一層深く楽しめそうなので、気になる方は是非、舞台公式サイトでチェックしてほしい。
 
 今までにない舞台に、キャストもスタッフもやる気満々!
 見た目も、牧瀬紅莉栖にそっくりな、外岡えりかちゃんは、「原作の良さを舞台でも出したい!」と、意気込み充分。
 究極の妹系のまゆりを演じる、小池里奈ちゃんも「ゲームやアニメを見たときから、まゆりがすごくカワイイと思っていました。こんな女性に近づけるように、私なりにまゆりを演じます!」と、役作りに余念が無い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング