たまねぎ、にんじん、トマト…、「野菜氷」で野菜不足を補おう

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月8日 15時0分

写真

『本当にすごい! やさい氷健康法』(村上祥子/カンゼン)

 8月22日に発表された気象庁の3カ月予報によると、9月は平年より気温が高く、厳しい残暑が予想されているのだとか。この暑さで、夏バテしている人も多いのでは? 実は筆者もそのひとり。食が進まずそうめんや冷やしうどん、そして冷たい飲み物ばかりで、なんだか体がだるいような……。

関連情報を含む記事はこちら

 そんな野菜不足のときに、試してみたいのが「野菜氷」。野菜をレンジで温めてミキサーで撹拌し、製氷機に入れるだけと簡単で、それを普段の食事に取り入れれば手軽に栄養補給ができるのだそう。『本当にすごい! やさい氷健康法』(村上祥子/カンゼン)には、野菜氷の作り方や効果について、細かく書かれている。著者の村上氏は、4年前に糖尿病の食事療法として、「たまねぎ氷」を考案。たまねぎの甘みや旨味が出て、料理にコクを与えてくれるのだそう。おいしいのはもちろん、高血圧や骨粗しょう症、肥満など、健康面での効果が解明されている。同書ではたまねぎ氷のほかに、免疫力を高める「にんじん氷」、アンチエイジングが期待できる「トマト氷」、腸内環境を整える「しいたけ氷」など、嬉しい効果があるやさい氷の作り方や簡単な食べ方などのアイデアが満載。普段の料理やコンビニ弁当に加えるだけで、旨味をアップできたり、生野菜よりも長期保存できたりと、ズボラな人でも取り入れられるかも。

 そして、野菜氷の進化系? ともいえるのが、『「ミックス野菜氷」のからだリセットレシピ』(小田真規子/オレンジページ)。こちらは「美肌&アンチエイジング」「免疫力&新陳代謝アップ」など、効能別に2種の野菜をミックスさせた5つの野菜氷のレシピを掲載している。さらに、ジュースからドレッシング、パスタソース、スープといったアレンジレシピも多彩。同書のミックス野菜氷は、赤氷、黄色氷、緑氷と色別に作っているので、キレイな色が特徴的だ。スイーツに使えば特にその色が映えるのだとか。野菜氷にすることで甘みとコクが出るから、砂糖の量が減らせてダイエット中のおやつに良さそうだ。

 料理をおいしくさせて、さらに健康効果もある、いいことづくめの野菜氷。この夏の暑さにやられてしまった人は、ぜひお試しあれ。

文=廣野順子(Office Ti+)
(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング