脚本家・平松正樹自らが追憶する『空の境界』の記憶(3)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月8日 15時0分

写真

『空の境界』第6章「忘却録音」、第7章「殺人考察(後)」

○あっというま、の
 『空の境界』の記憶も第3回になりました。脚本家の平松です。最後は第6章、第7章に触れつつ、全般的なお話をできればと思います。もうしばし、お付き合いください。

関連情報を含む記事はこちら

○第6章『忘却録音』のこと
 第5章の死闘で、すべての元凶、魔術師・荒耶宗蓮を倒し、ようやく両儀式に訪れた平穏な日々。そんな中、蒼崎橙子さんに母校・礼園女学園より「不可解な事件」の調査依頼が舞い込みます。人畜無害とはいえ男の黒桐幹也が女子校に潜入するわけには行かず、式が転入することになります。でもって、そこには式を恋敵とする幹也の妹・鮮花がいて──というところから物語は始まります。
 女子校、妹、式の制服姿、妖精、最強の魔術師──と、盛り上がる要素満点な第6章なのですが、実はとてもアニメにしづらい章でした。というのも、印象以上に章が長い! そして、とても削りにくい! 『記憶』や『記録』『忘却』についての認識説明や、事件の説明、その他もろもろ、1つ削ると意味が通じなくなる要素ばかりなのです。
 しかも──プロデューサーからは、「第六章の尺は30分! “萌え~”で押すんだ! 名探偵鮮花、みたいな──と、オーダーされていたのです。
 三浦貴博監督、そして作画監督の小笠原篤さんは、アニメーターとして活躍されている方たちで、中でも女の子を可愛く描くのがとても上手いのです。ゆえに、可愛さを押し出す1本にしたいんだ、というオーダーはとても明確だったと思います。とはいえ、あの内容を30分でまとめるのはもう不可能でしかなく、トライして30分ぐらいのシナリオにまとめたものの『空の境界』の世界観にハマらない……となってしまい、結果、原作の奈須きのこさんのアイデアやアドバイスをいただきながら、シナリオやコンテが修正され、約60分のフィルムとなったのでした。
 見どころは、色々あるのですが、黒桐幹也と鮮花の幼い頃の記憶を描いた場面の美しさ、鮮花vs先輩・黄路美沙夜のラストバトル、この2つを押したいと思います。
 美沙夜の「良くってよ、黒桐さん!」から始まる礼拝堂でのラストバトルは、何度見ても熱いです。
 また、浅上藤乃のゲスト出演、橙子さんの学生時代の顔が拝めたり、瀬尾静音&愛犬アキラが出ていたりとファンサービスもたっぷりですので、見直してみると新たな発見があるかもしれません。


○第7章『殺人考察(後)』のこと
 全7章の最後ということで、これまでに回収していない部分が色々とあって、それを入れ込んでまとめるのが大変でした。
 この章では、シナリオとして自分があまり貢献できなかったと言いますか、あまり語れることがない、というのが正直なところです(汗)。
 絵コンテの段階で、各パートの担当の演出さんが素晴らしい表現を次々と生み出されていき、それを傍から眺めつつ、情けないというか、もっとシナリオでがんばれたのではないかと、感じていたのを覚えています。
 約2時間の全編に、ラストエピソードとしての見どころが詰まっているわけですが、中でも自分が「これを自分がシナリオで書けていたら良かったのに……」と猛省したのは2つの場面。
 ひとつは、姿をくらました式と、式を探しつづける幹也が電話で話す場面。ネタバレになるので原作からどうアレンジされたのかはここでは伏せておきますが、式と幹也の相手を思う強い気持ちを状況だけで描いた素晴らしい演出だと思います。
 ちなみに、第七章制作の頃には、劇場版『エースをねらえ!』(出崎統監督)を勧められて見ました。岡ひろみと宗方コーチの電話の場面のあの大人な空気感に通じるものが、式と幹也の電話シーンにあると思います。こちらも素晴らしい作品ですので、機会があればぜひご覧あれ。
 もうひとつの場面は、物語中盤以降、囚われの身となり、某ストーカー的な敵によって、唾液でベタベタにされた式が「私が帰るべき場所」に帰るために、復活するところです。
 全身にまとわりついていた粘液を蒸発させ、迷いを吹っ切る式を、これまたセリフではなく状況で描いています。
 この他にもたくさん見どころはあります。どうぞお見逃しないように、オンエアチェックしてください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング