漫才手数論的に観る『てーきゅう』の魅力 【俺の覇権アニメ】

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月16日 7時20分

写真

CD『没落貴族のためのてーきゅう』ジャケット。コミケ限定販売品だがファンなら手に入れたい!

 そろそろ夏アニメも終わりそうなこの季節。ひと夏の想い出として皆さんの心にしっかり刻まれていることと思います。当編集部のライターが自分の一押しアニメを好き勝手に紹介する「俺の覇権アニメ」。残念ながら残すところ、あと3回となりました。第5回は超ハイテンション高速ギャグアニメ『てーきゅう』のご紹介です。

画像付き記事で『てーきゅう』をもっと詳しく読む

 それでは、さっそく語っていただきましょう。

——————————————–

 突然ですが、漫才において手数論という見方があるのをご存知ですか? 大雑把に言うと漫才をボケの数から分析するという手法で、在野ではずっと以前から使われていたそうですが、漫才コンテスト「M-1グランプリ」の後期あたりでネットのお笑いファン界隈でも話題になりました。

 その観点から言うと、たとえばナイツは淡々と、しかし高密度にボケを重ねていくタイプで、2008年のNON STYLEはボケに対してツッコミをし、さらにボケるというのを繰り返すという手数の多さで優勝(なんと4分強でボケの数が51個!)。逆にスリムクラブは“手数は多いほうが有利”という風潮を逆手に取り、ゆっくりしたスピードの漫才で、ボケの回数を極端に少なくして圧倒的な存在感を放っています。
※筆者、漫才については本当にド素人なので解釈が間違っていたら申し訳ありません。ツッコミを待っています。

 で、ようやく筆者が今回推すアニメ『てーきゅう』の話になります。みなさん『てーきゅう』を観ていますか? アニメ部読者なら観ていなくても「なんか早口のヤツ」「テニスアニメ」「『有頂天家族』と『八犬伝』の間」くらいの知識はあるかもしれませんが、念のためここで概要を説明。『てーきゅう』はコミック アース・スター(アース・スターエンターテイメント社刊)に連載されているマンガを原作とした作品で、テニスをほとんどしないテニスアニメです。

 ほとんどテニスをしないテニス部のメンバーとは、ツッコミ役の押本ユリ(CV:渡部優衣)、残りはとにかくアホな新庄かなえ(右下、CV:三森すずこ)、お金持ちで天然の高宮なすの(左上、CV:鳴海杏子)、変態の板東まりも(右上、CV:花澤香菜)で、全員ボケ。

 それだけだと「はいはい、よくある日常系コメディね」、「なんだ“そふてにっ”か」と思われる方もいるかもしれませんが(いえ筆者、“そふてにっ”も大好きですよ!)、最大の特徴は放送時間が2分(OPが30秒あるので、実質1.5分)と非常に短いこと。それでも連載1回(12ページ)をちゃんとこなすため、登場人物はとにかく早口で、場面も次々に移り変わります。『てーきゅう』のジャンルは“スーパーハイテンションギャグコメディ”と銘打たれていますが、この異常なスピード感と破滅的なギャグがその源となっているのですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング