『蒼き鋼のアルペジオ』と『艦これ』の共通点をチェックしてみた!【週刊艦これ】

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月17日 18時30分

写真

左が重巡洋艦・高雄のメンタルモデル(作中ではタカオ)。右が艦これの高雄さんです

 『艦隊これくしょん』(以下『艦これ』)の情報を毎週お伝えしている当連載「週刊艦これ」。第4回は、先日『艦これ』とのコラボも発表された、10月から始まる新アニメ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』(以下『アルペジオ』)を紹介します。かく言う筆者、実はこの作品の大ファンなのです!

最新PVや画像などもっと詳しい情報はこちら

 そこで今回は、両作品の共通点をビックアップしつつ、『艦これ』にも勝るとも劣らないその魅力を提督の皆さんにお伝えしたいと思います!

-------------
「艦これ」開発/運営 @KanColle_STAFF
「艦これ」は簡単にアニメとかコラボしないぞーなんて思っていたことも一瞬ありました。ええ。でもフライングドックのPさんから電話がかかってきた時、タイトルを聞いて2秒後には「やります。やらせてください。原作、ファンでした、ありがとうございます」と舌が喋っていました。(続く)#艦これ
2013年8月23日 8:39 AM
-------------
『艦これ』の中の人のTwitterより。その気持ち、同じ原作ファンとして非常にわかります!

 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』はヤングキングアワーズ(少年画報社)にて連載中のSF海洋戦記漫画『蒼き鋼のアルペジオ』を原作(作者:Ark Performance)としたTVアニメです。

●ストーリー
 近未来である2039年、温暖化に伴う急激な海面上昇により、地上での版図を大きく失った人類の前に、霧を纏う謎の軍艦群「霧の艦隊」が出現し、搭載した超兵器で攻撃を始めた。人類は持ちうる限りの戦力を投入して最終決戦「大海戦」に臨むが、「霧」の圧倒的な戦力の前に敗れ去った。すべての海域、運搬経路を「霧の艦隊」によって封鎖されたことで政治経済は崩壊、人類は疲弊の一途をたどることになる。そして「大海戦」から17年。主人公である士官候補生・千早群像の前に「霧の艦隊」の潜水艦「イ401」とそのメンタルモデル「イオナ」が現れたところから物語は始まる――。

 人類の敵となる「霧の艦隊」は、第二次世界大戦時に活躍した艦艇を模した形状をしています。ここが『艦これ』との共通点のひとつでもあります。ただし「霧の艦隊」の艦艇は、外見こそ旧来の艦艇であるものの、その性能や武装は人智を遥かに超えたものとなっています。そんな超兵器たちに挑む主人公・千早群像とイオナ、そしてその仲間たちが繰り広げる緊張と迫力に満ちた海洋戦が『アルペジオ』の魅力。原作ファンの筆者はアニメで描かれるであろう戦闘シーンに今からワクワクが止まりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング