「出会いに感謝」はダメ? 女子会でネタにされてもOKなFacebookの投稿とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年9月18日 11時30分

写真

『フェイスブックが危ない』(守屋英一/文藝春秋)

 「食材で遊ぶ」「冷蔵庫に入る」など、今年の夏は、若者たちのSNSへの悪ふざけ投稿が問題になった。おバカ投稿をする彼らに加えて、毎回わざわざ犯罪を見つけ出してくる「自警団」にも驚かされるが、何気ない日常の一部として軽いネットストーキングを楽しむ若者も増えていることをご存知だろうか。甚大な被害はなくとも、実はアナタの身近な友人はプチ・ネットストーカーかもしれない。SNSをやっている以上、アナタも狙われる可能性は高い。

関連情報を含む記事はこちら

 守屋英一著『フェイスブックが危ない』(文藝春秋)は、Facebookでのプライバシー流出の危険性を指摘している。Facebookでは、個人情報に加えて、趣味・嗜好・思想といったより深い情報が登録される。その情報が解雇や離婚およびサイバー犯罪の原因になることがあるが、このことを認識している人は少ない。Facebookの利点である実名登録は、リスクとも隣り合わせなのだ。例えば、カフェなどの女性スタッフの中に好みのタイプを発見した場合。ネームプレートに示された名前から検索してFacebookから情報を探し出すことが出来てしまう。Facebookの存在自体が、ストーカー行為を助長してしまうのではないか。対策として「公開範囲」の変更など、セキュリティ設定に気をつけるべきだと守屋氏はいう。

 このような守屋氏の指摘はもっともだが、ネットストーカーは見知らぬ他人だけだろうか。甚大な被害が出ないとしても、誰もが身近な人にプチ・ネットストーキングされている可能性がある。アナタの投稿は知らない間にどこかで炎上しているかもしれない。

 例えば、いろんな男性のことが話題となる女子会で大活躍しているのが、何を隠そうFacebook。イマドキのネットを使いこなす女子たちはスマホ片手に名前を検索しては、Facebookの写真を友達に見せてガールズトークをする。たとえ、写真を「友人まで公開」していようとも、アナタのプチ・ネットストーカーはリアルの場で女子達とアナタを“品定め”してるかもしれない。

 どんなにセキュリティを張り巡らそうとも、身近な人がネットストーカーになってしまうなんてFacebookはなんて恐ろしいと思う人がいるかもしれない。かといって、一切使わないのは、現代では時代遅れだ。そうであるならば、逆に身近に存在するかもしれないプチ・ネットストーカーを利用してやれば良いのではないか。自分の投稿を今一度見直し、自分を検索してきた人達に自分の魅力をアピールしてしまおう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング