あさイチでも話題! パンケーキの次にくる朝食 “グラノーラ”本 売上げベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月30日 18時40分

写真

『毎日食べたい! 社員公認 フルグラレシピ』(カルビー株式会社/ワニブックス)

 パンケーキの次はグラノーラ?

【1~5位までの画像あり】関連情報を含む記事はこちら

 ハワイからやってきた『エッグスンシングス(Eggs’n Things)』、オーストラリアからやってきた「世界一の朝食」こと『ビルズ(bills)』…空前のパンケーキブームはまだまだ続きそうだが、ここ最近じわじわと人気を集め「朝食の座」を揺がす存在になりつつあるのが“グラノーラ”だ。その発端は、billsや「ニューヨークの朝食の女王」サラベスといった有名店でメニュー化されたこと。今年の8月にはグラノーラ専門店『GANORI』が代々木上原にオープン。カルビーからはグラノーラの高級ラインが登場するなど、勢いを増している。

 そもそもグラノーラとはなんぞや? シリアルやオートミールと何が違うの?

 「グラノーラ」とその他のシリアルの最大の違いは、最後に「オーブンで焼きあげる」という点。オーツ麦やナッツ類に、植物性油脂や、はちみつ(やメープルシロップ)などの甘味料を混ぜて、オーブンで焼きあげたものがグラノーラ。フルーツやヨーグルトと一緒に食べるのがベーシックとなっている。と、ますます食べたくなってくるグラノーラ。そこで、今回ダ・ヴィンチ電子ナビでは、今売れている“グラノーラ本”を5位まで紹介。朝食に“グラノーラ”を取り入れればいつもと違う素敵な朝になること間違いなし!


■1位 『毎日食べたい! 社員公認 フルグラレシピ』(カルビー株式会社/ワニブックス)
オーツ麦、ライ麦、小麦ふすま、玄米などの雑穀を中心に、ドライフルーツを合わせたカルビーの「フルグラ」。
食物繊維や鉄分などのミネラル、8種のビタミンがたっぷり摂れるフルグラは、まさに栄養の宝庫。健康志向な人や、おいしいものが大好きな人に支持されているが、食べ方は牛乳などと一緒に朝食に食べるという人がほとんど。でも実は、複雑な旨味と食感を持つフルグラは、肉料理やサラダ、ごはんもの、スイーツなど色々な料理にぴったりの万能食材。本書では、カルビー社員の方々がいろんな料理に応用できる簡単でおいしい68品のレシピを紹介している。

■2位 『女子栄養大学の最高の朝ごはん』(香川芳子/ダイヤモンド社)
バランスよく、しかもおいしい健康食が作れると定評のある“女子栄養大学レシピ本”から『女子栄養大学の最高の朝ごはん』がランクイン。
とにかく時間がない日は、「チョコレート・グラノーラ&トマトとグレープフルーツのサラダ」、
すっきり目覚めたい日は、「ごまハニー・グラノーラ&白アスパラガスとトマトのタルタル風サラダ」、
いつもより時間をかけて、楽しみたい日は、「グラノーラ・パフェ&フルーツ・カクテル」など、シチュエーション別に“最高の朝ごはん”を提案。
女子栄養大学ならではの女性に嬉しいアイデアたっぷりのレシピ集。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング