回復しても完治はしない!? アルコール依存症を知ろう

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月31日 12時0分

写真

『失踪日記2~アル中病棟』(吾妻ひでお/イースト・プレス)

 吾妻ひでお先生の最新刊『失踪日記2~アル中病棟』(イースト・プレス)を読んだ。

関連情報を含む記事はこちら

 「アル中」という割と軽い言葉のせいか、世の中ではどことなく「お酒やめれば治るんでしょ?」みたいな、二日酔いのハード版的なイメージのある「アルコール依存症」だが、その認識が大きな間違いであると、思い知らされる。

 もともと酒量の多かったという吾妻先生が「アル中」に足を踏み入れたのは1997年頃。

「ある朝起きたら二日酔いだったのでとりあえず焼酎を1杯」飲んだ。その日の昼間、外で日本酒パックを買って町を歩きながら飲み、帰宅の際に1.8リットル入りの焼酎パックを買って一晩中飲み続けた。そんな日々を繰り返すうち、酒で胃は荒れ、食事を摂らなくなり(患者の多くが栄養失調なのもこれが一因)、飲んでは吐き、また飲んで吐くを繰り返すようになる。食欲がなくなり、不眠症になり、やがては幻覚や幻聴に悩まされるようになる。不安が不安を呼び、酒が酒を呼ぶ、終わりなき負のスパイラル。酒を飲んでいても聞こえる幻聴。出口のない不安からの自殺未遂数十回。その果てに運び込まれたのは──A病院精神科B病棟(通称アル中病棟)。

 吾妻先生はそこで3ヵ月の治療プログラムを受ける。

1期──離脱症状及び身体的治療期間。約1~2週間。
この間、酒びたしになった脳や身体からアルコールを抜き、検査や点滴・投薬が行われる。
酒がなくなったことへの不安や禁断症状(離脱)に苦しむ。

2期──治療プログラムの実践期間。約6週間。
規則正しい集団生活、毎日の抗酒剤摂取、教育プログラム(アルコール依存症に関する座学)、自助グループへの参加、決められた時間内に決められた区域での自由行動も認められる。

3期──退院に向けての準備期間。約4週間。
外出・外泊訓練が行われる。病院内では完全にシャットアウトされていた「酒」があふれる世の中へ出る機会が増える。吾妻先生の言葉を借りれば「“断酒か死か”という考えに洗脳される」ほどの教育やカウンセリングをここに至るまでに受けているので、酒を飲もうとは思わなかったそうだが。

 概要を読んだだけでも「イヤだな」と感じるこの3ヵ月間を、吾妻先生は淡々と紹介する。依存症に関する知識を散りばめながら、入院病棟で出会った風変わりな人々(全て仮名)を「面白いな」と感じる作家の目線で描く。B病棟を裏で仕切る女王様・御木本さんが開催するティーパーティーの様子や、相部屋の患者・浅野さんの「たかりぐせ」や夜の粗相、家族と面会している患者さんのケンカの様子など、愉快なコミックエッセイを読んでいるような錯覚を覚えてしまうが、実際にその場に自分がいたらと思うと、笑えない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング