“ファラオの申し子” フィフィが日本にもの申す理由

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月15日 12時10分

写真

『おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ』(祥伝社)

 「若者よ、疑問を抱け!」
 「自分の国を愛してんなら、もっと考えなよ」

関連情報を含む記事はこちら

 Twitter上での歯に衣着せぬ物言いでネットユーザーの支持を集めている外国人タレントといえば、フィフィをおいて他にいないだろう。エジプト出身、2歳から日本で生活しているフィフィが日本の「おかしいところ」にズバズバと切り込んでいく様は、ネットユーザーにある種の快感すら覚えさせる。どうして彼女はわざわざ日本の問題に切り込んでいくのだろうか。

 フィフィ著『おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ』(祥伝社)では、フィフィが日本の抱える課題に対して真正面から向き合っている。彼女に言わせれば、現代の日本は革命前のエジプトに似ているらしい。フィフィの祖国エジプトでは独裁政権に支配されていた30年間、オカシイと思う事があっても声を挙げることができなかった。日本は、表向きには表現の自由に寛容なように見せて、タブーが多くがんじがらめで、社会に対して問題提起することもはばかられている。協調性を重んじる日本だからこそ他の人の視線を気にして発言することが出来ないのだろうが、日頃感じている違和感を表明することがエジプト革命のように国をも動かす大きな力となることを日本人にも理解してほしいようだ。

 彼女の言葉には時に共感し、時に「こんなにズバズバと言って大丈夫なのか?」と心配になってしまうことも多い。何故フィフィは自らの生活を賭けてまで、日本の問題に切り込んでいくのだろうか。

 それは、彼女自身の経験によるのだろう。2歳から日本で暮らしているのだから、フィフィの中身はほとんど日本人である。それなのに外見は彫りが深いエジプト人であるため、日本では時に外国人として扱われ、傷ついたことも少なくはなかったようだ。中学時代には好きな人に「フィフィが日本人だったら良かったのに」などと言われたし、大学受験の推薦入試の際には「外国人だから何処の大学にも入れない」と悲観的な気持ちになったこともあったという。だが、そんなフィフィを温かく支えたのが、大学教授である母だったそうだ。落ち込む彼女を何も言わずに外に連れて行くと、夜遅いのに車を出してただひたすら街を走らせ、賑わう繁華街のネオンに照らされながら母は「大学だけが全てじゃないでしょ」と彼女に告げたのだそうだ。まさか大学で教鞭を取る母親からそんな言葉を聞かされるとは思わなかったらしいが、彼女はその言葉で気持ちが楽になったようで、後に受けた日本の大学には無事に合格する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング