「部分やせにも効く!」とウワサの、女医が教える大人のラジオ体操

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月18日 11時40分

写真

『DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版』(中村格子/講談社)

 「あのラジオ体操が、こんなにスゴイものだったとは!」「翌日、筋肉痛になってしまった!」と、ちまたで静かに大きく反響を呼んでいる“大人のラジオ体操”。

関連情報を含む記事はこちら

 このウワサの『DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 』(中村格子/講談社)は、昨年春に発売。ラジオ体操は計算し尽くされた全身運動であり、ポイントをふまえて正しく行えば小尻&美脚効果が期待できると解説され、その効果のほどが話題になった。しかし発売後、「ラジオ体操第1だけでなく、第2も収録してほしかった」というリクエストが多数寄せられたため、それに応える形で第2弾の『DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版』(中村格子/講談社)が登場したのだ。

 まずはラジオ体操の流れやポイントをおさらいするため、本書を流し読んでみる。すると、冒頭で日本の体操の歴史がひもとかれて、実は意外にも、ラジオ体操はそれなりの由緒あるエクササイズであったことが判明する。ちなみに現在の形のラジオ体操が始まったのは昭和26年、「いつでも、どこでも、誰でもできる」の精神のもと、国民の健康増進のために文部省関係者が制定。さらにラジオ体操第2は昭和27年、職場で働く人々を対象につくられたとのこと。

 さらに本書によれば、ラジオ体操第1のテーマは「姿勢と呼吸」。日本人が陥りがちな姿勢の悪さを改善、疲労回復や美容効果も発揮するよう、練りに練って構成された。一方、ラジオ体操第2のテーマは「強さとしなやかさ」。疲労回復や能率増進をはかる動きが含まれているため、アクティブで疲れにくい体に導いてくれるのだ。

 それぞれきちんと行えば、全身の約400種類の筋肉をまんべんなく鍛えることができ、さらにねじり系の運動など、体幹のコア筋肉を刺激する動きが内臓の働きを促進、便秘解消やボディラインが整うなど、うれしいメリットが期待できる。ただし、自己流では決して効果が上がらないため、動きの目的やポイントを確認し、使う筋肉を意識してテキパキと行わなければならない。決して、ダランダラン、ブランブランと、緊張感なく無意味に動かしてはならないのである。

 注意点をざっくり把握したら、いざDVDをセット。動画は、大人のラジオ体操に指導音声が付くバージョンと、体操を動作ごとにポイント解説したもの、指導音声なしの3パターンがあり、ラジオ体操第1と第2のほか、「2つの呼吸法」や「大人のストレッチ」なども収録されている。解説&実演してくれるのは著者であり、整形外科医かつスポーツドクターの中村格子先生。2級ラジオ体操指導士でもある先生の、47歳とは思えないほど若々しいメリハリボディに一瞬おっ! と驚き、「よし、やるぞ」と無意識のうちにこちらのモチベーションもUP。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング