ダルメシアン? コカイン? イモ虫? 米のティーンに人気! スタバの秘密メニュー

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月20日 11時40分

写真

「Starbucks SECRET MENU」トップページ

 いまアメリカのティーンの間で「Starbucks SECRET MENU 」というサイトが人気だ。このサイトには、スターバックスの「カスタムオーダー」をフル活用して、メニューには載っていない秘密の激ウマドリンクを作るためのレシピがたくさん集められている。

関連情報を含む記事はこちら

 例えば、「焼き栗ドリンク(The Roasted Chestnut)」や「チョコレートのダルメシアン(The Chocolate Dalmation)」のような女子が好きそうなかわいらしいドリンクから、「飲むコカイン(Liquid Cocaine)」や「イモ虫グミドリンク(Sour Gummy Worm Refresher)」のようなアブなそうなドリンクまで、様々なレシピが載っている。

 例えば「飲むコカイン」のレシピはこうだ。
・グランデサイズの冷たいコップにアイスを入れ
・エスプレッソを4ショット
・ホワイトチョコシロップを4ポンプ(4杯分)
・上記を混ぜて、召し上がれ

 確かに、ハイになれそうな刺激的なドリンクだ。

 このサイトはスタバのファンが運営しているサイトで、スターバックスからの資金援助などは一切受けていない、ファンによるファンのためのサイトとのこと。

 アメリカのティーンたちは友達と連れ立って、このスタバの“シークレットメニュー”を次々に試すのが放課後の楽しみになっているらしい。

 もちろん、スタバの店員さんたちにこのシークレットなドリンク名をそのまま告げても作ってくれるはずはなく…。ある母親は「このシロップを1ポンプ、あのシロップを2ポンプとか言わなくてはならないなんて私には無理!店員に通じないかも?」と語っている。

 日本ではどうか。

 『スターバックスマニアックス』(小石原はるか/小学館)によると、「日本でもかなりわがままなオーダーにも笑顔で対応してくれる」そうだ。

 本書によれば、エスプレッソを半分のお湯でつくる「リストレット」や、ミルクの泡を多めにする「フォーミー」など、店員さんに一発で通じるオーダー用語もあるそう。

 みなさんも「トールラテ ローファットで」ぐらいの中級者から脱出し、苦そうな「リストレット」のオーダーを経て、フレーバーシロップやミルクの量を華麗に追加したオリジナルドリンクのオーダーを楽しんでみてはいかがだろうか。

 くれぐれも、お店が空いている時に、ね。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング