恥ずかしがり屋の女子高生が、おっぱいとかを露わにしながら地球のために戦う!? おバカマンガ界の話題の新星とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月26日 19時0分

写真

『はじぷる!』(たくじ/秋田書店)

 タイトルにラーメンの文字が踊っているのに毎回毎回ラーメンを無視してエロギャグを怒濤のごとく展開する『絶品! らーめん娘』(友木一良/講談社)。なんにでも“変態”できる能力を手に入れた男子中学生がシャーペンからレオタードまで次々に“変態”し、クラスの女の子にイタズラをかますという頭が痛くなるようなテーマの『ニボシ君の変態』(ミッチェル田中/秋田書店)。ありとあらゆるスケベなハプニングを引き寄せてしまう主人公は「聖器」の持ち主で、股間から解き放たれる「銃聖器ゼツリンバスター」で人間に害を及ぼすアクマと戦う、といった、どうすんだよこれという感想しか浮かんでこないようなマンガ『ぜつりん!』(友吉/小学館)など。今、こういった、いわゆる“おバカマンガ”が人気だ。

関連情報を含む記事はこちら

 そんな“おバカマンガ”の世界に、キラリと光る超新星のような存在が現れた。その名は『はじぷる!』(たくじ/秋田書店)

 注目されてしまうことが泡が吹くほど苦手な、超がつくほどの恥ずかしがり屋の女子高生さつきの前に、ある日突然、異世界からやってきたという妖精マルピーが現れる。彼が言うには、さつきの住む世界は魔王とその軍団に狙われており、のっぴきならない危機に直面してるんだとか。魔王とその軍団から世界を守るには、“勇者”という存在が必要らしく、その勇者に見事さつきが選ばれたということらしい。まあいきなり目の前に妖精が現れ、そんなこと言われた日には、さつきが「きっと私の頭 変な電波でも受信っ」と口走ってしまうのも無理はないだろう。しかし、そんな彼女の前に、魔物が出現したことで、否応なしに勇者として戦うことになってしまうのである。

 勇者として戦うにはある武器が必要となり、それでしか魔物は倒せない。その武器とは「勇者の剣」。マルピーによると、「使用者が恥ずかしい思いをすればするほど 力が出せるスゲー武器」だという。さあ、話がおかしくなってきたぞ。

 まあ、勇者とは「恥ずかしい思いを乗り越えることができる 真に勇気ある者」というフォローになってんだかよくわからない設定はあるのだが、それにしても、「恥ずかしい思いをする」というのは具体的にどうすれば……。マルピーは言う「おっぱいを晒せ」と。ここで、あーはいはい、そういうことねって納得できる人がどれくらい世の中にはいるのだろうか。いるなら一度見てみたい。そして、小一時間ほど説教をしたい。とにかくもう、この時点で“おバカ”っぷりのメーターがあるんなら、グングン上がりまくっていることは確実である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング