「人一倍稼ぐには、人一倍働かねば」というラットレースから脱出できる、“笑っちゃうほど自由”に生きる技術とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月27日 11時30分

写真

『笑っちゃうほど自由に生きる 20代から必ず知っておきたい4つのこと』(平秀信/KADOKAWA)

 ようやく景気回復の兆しが見えてきたとはいえ、いまだ業績悪化やリストラのニュースも少なくない日本経済。「どうせ先が見えないならば、自由に働きたい」と独立・起業を考える人も多いようだ。しかし、ふたを開けてみれば、多くのフリーランスが仕事やクライアントに振り回され、結局は資金繰りや時間に追われて自由を失っている。

関連情報を含む記事はこちら

 この状態を「働いても働いても一向に自由になれない”ラットレース”」と位置づけ、「普通の人が“笑っちゃうほど自由”に生きるために知っておくべきこと」をまとめたのが、10月に発売された書籍『笑っちゃうほど自由に生きる 20代から必ず知っておきたい4つのこと』(KADOKAWA)だ。

 著者の平秀信さんは、20年間建設会社に勤めたのち、独立起業。2000年に工務店を立ち上げ、3年で10億円の企業に育て上げた。そののちはコンサルティング会社や通信販売事業、出版事業など多方面の事業を手掛ける経営者だ。

 事業拡大で手に入れた天国と、だまされて一文無しになるなどの地獄を経験し、現在は「好きなことだけをやり、やりたいことだけをやり、その結果として年収1億数千万円を安定的に稼いで」いる。もっといえば、Tシャツに短パンで好きな時に好きな場所で働き、十分な収入を得ているというのだ。

 そんなオイシイ話があっていいの!? とにわかには信じがたいが、著者の平さんは「凡人でもお金・時間・場所と3拍子揃った “究極の自由”の形を手に入れることができる」と断言。大切なのは、「遊ぶ時間を増やすためにはどうすればいいか?」「面倒なことは一切やらないためにはどうすればいいのか?」を考えることだという。

「遊ぶ時間を増やしたり、面倒なことをしないと決めたりすれば、仕事の量を減らすことになりますよね。仕事の量を減らしても、同じだけ稼ぐためには、自分がいなくても収益が入ってくるシステム、つまり仕組みを作る必要があるため、脳がフル回転でアイデアを探し出してくるわけです」

 お金・時間・場所を自由にできる働き方には、「仕組み」作りが欠かせない。「仕組み」とは、一度作ってしまえば、自分が働かなくても自動的に収益が入ってくるシステムのこと。つまり、ビジネスオーナーや投資家になることが、“究極の自由”を手にする近道というわけだ。
 
 そこで本書では、従業員・自営業者の状態から、自分がいなくても稼げる「仕組み」を作り、仕事を他人に任せていく方法を4ステップで伝授する。肝心の「できる限り小資本かつローリスクで実現できる仕組み」作りの方法を明かすのはステップ3。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング