『攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Wispers』先行上映会レポート! 再びハリウッドを引き離しにかかった『攻殻』の底力を見よ!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月28日 18時30分

写真

TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた完成披露上映会の様子/(c)士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員

 いよいよ11月30日から劇場公開となる『攻殻機動隊 ARISE border:2 Ghost Wispers』。4部構成の第2話、お馴染み公安9課のメンバーも揃って、佳境に入ってきた『攻殻 ARISE』の見どころを、先日TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた完成披露上映会でお聞きした、スタッフ&キャストのコメントも交えてお伝えしよう!

関連情報を含む記事はこちら

【ここが見どころ:その1 アクションがすげ~~~!】
 いやもう、とにかく序盤からアクションに次ぐアクションのつるべ撃ち。カーチェイス(バイク・車&ヘリ)、肉弾戦、銃撃戦、VSロボット戦車にロジコマ大活躍と、観たいもの全部観せますと言わんばかりの大盤振る舞い。舞台挨拶に同席した、今作の製作総指揮であり、Production I.G 社長の石川光久氏自ら「I.G史上ベストアクション!」と豪語するほど。

 思えば、押井守監督がI.Gで手がけた『機動警察パトレイバー 2 the Movie』がジェームズ・キャメロン&シュワちゃんの『トゥルーライズ』に多大な影響を与えたり(オマージュとも言う)、同じく押井作品である初代『攻殻』が『マトリックス』以降のサイバーパンク映画史に消えない刻印を押した様に、明らかにI.G作品は当時の世界水準…というか最先端だった。その後、日本のアニメと海外の映像作品は相互に影響を与え合ってきたが、今回の『border:2』で、再びトップに立った、世界を引き離しにかかったという手応えを、今回の石川社長の強気のコメントから感じる事ができた!


【ここが見どころ:その2 次世代I.Gを担うスタッフに注目!】
 その原動力となったのが、黄瀬和哉総監督の元『border:2』各話監督を任された、竹内敦志氏。メカデザイナーを目指しアニメーションの世界に入るも、メカ&作画にとどまらない多彩な才能を発揮。『パトレイバー2』以降の押井作品ではレイアウト(場面設計)も担当。08年、アニメ版『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』のテレビシリーズに監督として参加した際には、ジョージ・ルーカスもその才能に惚れ込んだという。

 今回、竹内監督がこだわったのは、ロジコマがビルからビルへとワイヤーアクションで飛び回る「立体機動」。石川社長によると「みなさん、これは『スパイダーマン』のパクリではないんです(笑)」と。実は、このロジコマがワイヤーで立体機動するギミック、竹内監督が95年公開の押井監督版『GHOST IN THE SHELL』にメカデザイナーとして参加した際に、原作に登場する多脚戦車フチコマの機能として(押井監督から頼まれてもいないのに!)組み込んでいたのだそう。ご存知の通り、実際に完成した『GHOST IN THE SHELL』ではフチコマは影も形も見えず、当時の竹内監督の「くやし~!」という思いが今回の大活躍に結実したとの事! これはぜひとも劇場でチェックして欲しい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング