「エア書法」で汚文字返上!? 劇的にうまい美文字に見せるコツとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月29日 12時0分

写真

『美文字のすすめ』(中塚翠涛/幻冬舎)

なにげなく入ったコンビニで、領収書をもらおうと、宛名の見本をささっと書いた。するとレジの人(外国の方ではない)から「あのう、なんて読むのでしょうか…」と遠慮がちに質問されて、ガクゼン。急いでいたのでなぐり書きしてしまったのだが、さすがにショック。人が読めない汚文字=大人失格! 的な気分になった瞬間だった。

関連情報を含む記事はこちら

 おりしも、もうすぐ12月。年賀状準備のシーズンの到来である。

この季節は、手書き文字に自信のある方以外は、PC中心の日常生活で忘れていた、自分の「汚文字」と直面せざるを得ない時期ともいえるだろう。宛名は印刷、裏面は絵柄を刷るのだがやはり、ひとこと、一筆必要になる。思いきって、書く。しかし1年前と同様、やっぱり汚文字…。

そんな悩める人々のため、TVでもすっかりおなじみ、美人書道家の中塚翠涛(すいとう)先生の『美文字のすすめ』(中塚翠涛/幻冬舎)が発売された。こちらは、昨年出版された同書の文庫バージョン。文庫化にあたり、要望が多かった「練習ページ」が新たに付け加えられたとのこと。

 では、さっそく「美文字」を書くコツを学んでいこう。

●美文字にはお手本がない?

 意気込んでページをめくると、まずこの章に少々めんくらう。翠涛先生いわく「丸文字だけどほんわかした字、線がピシッとしていて几帳面に感じる字など、私たちが“いいな”と感じる字には、お手本があるともないともいえます」とのこと。うーん、それでも先生のような美しい文字が書きたいのです。しかし、はやる気持ちの前に、文字に対する気持ちから入るべし、とのことなのだろう。

・メールではなく、たまには手書きで伝えてみる
・自分の分身を生み出す気持ちで文字を綴る
・相手を想う気持ちを、文字に込めて発信する

 これらをふまえて「美文字レッスン練習帳」の記入例「今夜はちょっと帰りが遅くなります。冷蔵庫に~」を、先生の美文字を横に、気持ちを込めて、書いてみた。なるほど、申し訳ない気持ちがあふれた、殊勝な文字に見えるかもしれない。


●劇的にうまく書ける美文字のコツ

「美文字」とは、自分らしさを大切にしながら、相手に想いを伝える文字。そこには読み手への配慮が必要不可欠。読みやすいよう、線や形、バランスを意識してしたためるのは、マナーである。そして文字を構成する線と点、バランス、余白、筆圧などをほんの少し変えるだけでも、文字は劇的に変化するのだという。果たしてそんな「美文字」は、いかにすれば書けるのだろう。8つのコツが紹介されている中から、いくつかピックアップしてみた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング