売上は全体の3割未満? 本場アメリカの電子書籍事情

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月29日 12時0分

写真

米国の動画配信大手Crunchyroll

 ニューヨークで出版エージェントとして活躍中の大原ケイさんに、ITジャーナリストのまつもとあつしがインタビュー。米国の電子書籍市場の動向や今後の展望などを、語ってもらった。

【画像付き】もっと詳しい内容がわかる記事はこちら

■日本の作品を海外で知ってもらうために
――米国でエージェント業を営みながら、出版や電子書籍事情を紹介される大原さんですが、今のお仕事をされるようになったのはどういう経緯からですか?

大原:父の仕事の関係で子供の頃から米国と日本を行き来していました。そしてニューヨークの大学のジャーナリズム科に通ったあと、現地で働きたいと考えて、講談社の現地法人に就職したのがこの業界に足を踏み入れたきっかけです。7年ほど日本の百科事典の英語版の制作などに携わったあと、いったん版権業務の下請けや翻訳などを行うフリーランスになりました。

――現在のエージェントのお仕事とは異なるお仕事だったんですね。

大原:はい、当時景気が良かったこともあり、何となく食べられたら良いかなという感じで何でも引き受けていました。でも2001年の9月11月に起こった同時多発テロが一つの転機になったんです。当時私はウォールストリートで仕事をしていて、ワールドトレードセンターが直接見える場所にはいなかったのですが、崩れ落ちる建物から煤だらけで逃れる人たちを目の当たりにして大きなショックを受けました。「人間いつ死ぬか分からない。後悔しないようにしなきゃ」と考えを改めるきっかけになったんです。

その時たまたま目にした世界最大の出版社「ランダムハウス」のアジア部門立ち上げの囲み記事を見て、担当者にもっと詳しい話を聞きに行ったら協力することになりました。そこでの仕事――主に米国の書籍の中から、日本で受け入れられそうな作品を選んで日本での出版を働きかける――を通じて日米の商慣習の違いなど、どこにハードルがあるのかを身をもって知りました。著者の日本での知名度って世界では全く通用しなくて、「新人」として売り出す覚悟が必要ということもそこで痛感したんです。海外で知られている日本の著者って村上春樹さんくらいではないかと思います。

――なるほど。私もアメリカに来て思うのは、日本の漫画作品はとても人気があるのに、著者や出版社の名前は知られていないことの不思議です。家電や自動車はメーカーの名前がこんなに認知されているのに……。

大原:そうですね。日本最大手の出版社でも、海外支社となるとせいぜい20名前後のスタッフしかいませんから、なかなか海外で認知度を高めてヒットを生み出すのは難しいんです。日本文化に特に関心が強い一部のコアな読者には例えば「KODANSHA」という名前はよく知られてはいますが。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング