カツラはOKで植毛はNG! 愛人手当は経費で落とせる? 意外な経費トリビア

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月4日 11時30分

写真

『あらゆる領収書は経費で落とせる』(大村大次郎/中央公論新社)

 坂東英二の釈明会見は傑作だった。昨年12月、約7500万円もの税金申告漏れを指摘され、芸能活動を休止していた坂東だったが、先日突然釈明会見を開いた。だが、釈明とはほど遠いお粗末な内容に、取材陣から失笑さえもれたのだ。

関連情報を含む記事はこちら

 世間が最も仰天したのは“植毛”発言だ。

「申告漏れは国税局との見解の相違。7500万円のうち、大半を植毛に使った。カツラが経費として落ちると聞いていたので、植毛も経費で落ちると思っていた。植毛が美容整形と同じだと初めて知りました」

 実際に税の専門家からも「カツラと植毛では経費の扱いが違う。カツラは仕事で使い、私用では外せるが、植毛は外せないので、社会通念上でも経費とは認められない」という説明がなされている。

 しかしその境目は素人にとって非常にわかりにくい。一体経費で何が落とせるのか、そして何がNGなのか。元国税調査官である大村大次郎 の『あらゆる領収書は経費で落とせる』(中央公論新社)によると、意外にも「一定の手順を踏めば、ほとんどの領収書は経費で落ち」るのだという。その必殺テクニックとは──。

 まず基本として「事業に関連している領収書ならば、どんな領収書でも経費に計上できる」らしい。その実例としてちょっと刺激的な「キャバ嬢への愛人手当てを経費で落とす方法」を紹介しよう。

 まず最初はキャバクラ代。一定の条件を満たせば経費で可能だ。そのためには最低でも3つのルートがある。

(1)接待の場としてキャバクラを利用する。
(2)商品開発やマーケティング調査のためにキャバクラを利用する。
(3)研修という名目で社員のスキルアップ、ビジネス知識のために利用する。

 キャバクラは交際費に当たるため、人を連れて行けば立派な接待費用にも該当するのだ。2次会でもOK。「その接待が会社にとってなんらかの意義がある」と判断され経費で可能だという。

 そしてめでたくキャバ嬢を愛人にすることに成功したとする。愛人手当ても経費で落としたい。そんな時、テクニック次第で経費で落とせる方法が存在するらしい。

 ここにも3つほどのルートが示される。まずはキャバ嬢を社員にしてしまう方法だ。社員に給与を払うのは当たり前であり、立派な支出だ。しかし幽霊社員では税務署のチェックも入るので、秘書として雇い、身の回りの世話をしてもらうという方便を使う。また、また非常勤役員なら週1程度の出勤でも突っ込まれない。さらに愛人と別れるときは、「手切れ金」ならぬ「退職金」を支払う……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング