「ANIMAX MUSIX 2013」アニソンライターが選ぶ盛り上がった瞬間ベスト3

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月17日 16時20分

写真

アニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!」

 11月23日・24日の2日間に渡り横浜アリーナで開催されたアニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX 2013 supported by スカパー!」のレポートも、ついに最終回。第1回は喜多村英梨さん、第2回はangelaさんをピックアップしてお届けしたが、最終回は2日間の「ANIMAX MUSIX」のステージで特に盛り上がった瞬間を、筆者が独断でピックアップ! ランキング形式でお伝えしよう。

画像、セットリスト付きの記事はこちら

■第3位 流田Project、ジブリへのオマージュからの、カバーメドレー!

 筆者が第3位に選んだのは、2日目の序盤に登場した流田Project。謎の覆面カバーバンドとして知られる彼らだが、まだまだフェス系イベントへの露出は少ない。そんな中、今年の「ANIMAX MUSIX」ではオーディエンスの印象に残るパフォーマンスを見せつけた。

 特筆すべきは、突如登場しての「もののけ姫」。ギター片手に確かな歌唱力で歌い上げた流田豊さん(流田Projectボーカル)だったが、歌の途中、「アシタカ-!」「サンー!」や「40秒で支度しな」など、ところどころにジブリへのオマージュ的セリフを挟んでいたのには驚きと笑いが。こんなにもジブリ作品をいじっていいのだろうか?

 続けて、流田Project初のオリジナルシングルとなった『未来聖闘士Ω~セイントエボリューション~』(TVアニメ『聖闘士星矢Ω -セイントセイヤオメガ-「新生聖衣編」』OP)、さらに『ごはんはおかず』(TVアニメ『けいおん!!』挿入歌)や『自由の翼』(TVアニメ『進撃の巨人』OP)を含んだカバーメドレーを怒涛の勢いで歌い上げた彼ら。長めの持ち時間にも関わらず、観客を一切飽きさせなかった。アニソンカバーバンドとしての実力と度胸を再認識したファンも多かったのでは。


■第2位 このみん&みもりんがももクロを熱唱!

 第2位と第1位は「ANMAX MUSIX」ならではの見どころである、アーティスト同士のコラボステージから。数々の夢のコラボが実現した今年の「ANIMAX MUSIX」の中でも、筆者が注目したのは“このみん”こと鈴木このみさんと、“みもりん”こと三森すずこさんの共演だ。

 若干17歳にして驚異的な歌唱力でファンを魅了する鈴木このみさんと、声優として、またアーティストとして精力的に活動する三森すずこさん。三森さんは先日発売した『ユニバーページ』がオリコンウィークリーチャートで5位にランクインしたことも記憶に新しい。また、鈴木さんは来年、アルバムリリースとワンマンライブを開催することを発表した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング