マクロスシリーズの河森正治が放つ、前代未聞のオリジナルアニメ『ノブナガ・ザ・フール』

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月18日 18時10分

写真

『ノブナガ・ザ・フール』先行試写会の様子

 12月も半ばを過ぎ、いよいよ年が明ければ2014年1月期の新番組が一斉にスタートする。激戦が予想される冬アニメの覇権を握るのは、どの作品か? 今回は、冬の新番組の中でも、河森正治&サテライトが放つ新プロジェクト『ノブナガ・ザ・フール』をピックアップしてみよう!

舞台挨拶に登壇!宮野真守さん、櫻井孝宏さんらの画像つき記事はこちら

 さて、この『ノブナガ・ザ・フール』だが、シリーズ開始から30年の時を越え今なお進化し続ける『マクロス』シリーズの生みの親であり、00年代にはテレビCMで流れた「あなたと合体したい」のフレーズとともに大ヒットした『創聖のアクエリオン』などを手がけ、常に斬新なロボットアニメをクリエイトしてきた河森正治が、原作・シリーズ構成・メカデザインを手掛けるとあって、各方面から注目を集めている。我々ツイアニ取材班も、先日東京・竹芝で行われた第1話先行試写会へと潜入して来た!


【豪華キャストにオンエア前からファンの熱い視線!】
 会場に着くと、既に開場待ちのお客さんでいっぱい。人気漫画やラノベ原作でないアニメオリジナル作品で、この集客力は……と思ったが、上映前の舞台挨拶に登壇するキャストの顔ぶれを見て納得!
 主人公オダ・ノブナガ役の宮野真守、アケチ・ミツヒデ役の櫻井孝宏、トヨトミ・ヒデヨシ役の梶裕貴。そして本日の紅一点、イチヒメ役の茅原実里と、ずらり並んだ豪華声優陣。特に、宮野・櫻井・梶、お三方に送られる女性ファンからの声援は凄い。その3人が、野望を胸に戦国時代を生き抜く盟友を演じるとあっては、男子ならずとも胸がワクワクするのは無理もないかもしれない。


【多次元プロジェクトとは?】
 ちなみに、各人が演じる主要キャラは、その名の通り、歴史上に実在した人物がifの世界に転生(?)した姿。我々が知っている偉人たちに着想を得たキャラクターが、ロボットに乗って闘うというのが『ノブナガ・ザ・フール』の世界だ。 しかも、この『ノブナガ』は「多次元プロジェクト」と銘打って、テレビアニメ版のみならずメディアを横断した様々な展開が計画されているのだ。まずは、アニメに先駆けて舞台でのライブアクトを実施。実際のアクターの演技に合わせて、ステージで声優が声をあてるという、初めての試み。実は、この上映会と同じ日に、その第1回公演が行われ、そのまま主要キャストが舞台挨拶に駆けつけたというわけだ。


【ハイテンションの男性陣に、負けじと茅原さんも!】
 そんな舞台の興奮もさめやらぬ声優陣のトークからイベントがスタート。挨拶の時点で気合い充分な男性陣に、紅一点の茅原さんも負けじとお茶目なポーズを決めるノリノリのオープニング。
 終わったばかりの舞台に関しても「リアルタイムで役者さんに声をあてるという初めての挑戦、どれだけ役者さんとシンクロできるかチャレンジだったんですけど、気持ちよかったです」と、手応えばっちりの宮野さん。櫻井さんも「バシッと決まった瞬間には、アドレナリン出まくりました!」と感慨を口に。これは4月に予定されている2回目の公演も期待できそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング