東京造形大学で聞いた、内田彩さん仰天エピソード。実は○○になりたい?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月25日 19時20分

写真

「東京造形大学CS祭」に登場した声優の内田彩さん

 声優ファンにとって、毎年秋は多忙な季節だ。なぜなら、各種学校が主催する「学祭」に多くの声優が出演するからだ。 いまや声優はアイドル、芸人に並び、学園祭において欠かせない存在となっている。

会場でとびきり目立っていた展示を発見!

 学祭の魅力はなんといってもその距離感の近さ。講義室でイベントが開催されたりするため、物理的に距離が近いのである。なおかつ、司会や仕切りを学生が行うため、なんだかゆる~い印象なのだ。そのゆるいイベントから垣間見えてくるのは、ちょっとだけ素に近い声優たちの表情やプライベート。

 そんな声優たちの、“ちょっといいところ”を目の当たりにできる、学祭をレポートしよう!

 今回訪れたのは、八王子の緑豊かな環境に恵まれた東京造形大学である。

■1500人が殺到の人気イベント
 東京造形大学は、デザイン学科と美術学科で構成される美術大学である。つまり、右も左も絵の上手い人だらけの学校だ。 去る10月19、20日に開催された「東京造形大学CS祭」。CS祭とは、Creative Spiral Festivalの略。さすが美大だけあって、模擬店やイベント中心のお祭りというよりは、クリエーターの卵たちの日頃の成果の発表の場である。随所に、力作の作品が展示されている。
 
 そんな造形大のなかでも、異彩を放つサークルがある。それが「二次元文化研究会」である。アニメ・ゲーム・声優など、2次元作品を愛する人達が、学祭では率先してイベントを行っていた。

 今年は、アニソン歌手・声優さんを招いてのイベントを3本開催。そのなかのひとつ「Aya Uchida→Premium TalkLive!」を見させてもらった。
 『ラブライブ!』『ストライクウィッチーズ劇場版』などで大人気の内田彩さん。今回はトークだけではなく、ミニライブも見られるというファンにとってはありがたいイベントである。そのせいか、360人限定のチケットに対して、今回1,500人もの応募があったという。


■驚きの中学生エピソード
 階段状の講義室にて、満場の拍手で迎えられた内田さん。ベレー帽に三つ編みヘア−。そして水色ワンピと、かわいらしいお姿。なんと今回が初めての学祭とのこと。壇上に上がってひと言「ちょっと偉くなった気分」。さっそく、2次元研究会の面々が司会を兼ねて、鋭く内田さんの確信に迫る!

 数々の質問のなかでも、ビックリさせられたのは声優になったきっかけについて。
「子供のころ『セーラームーン』ごっこをするほど、アニメが好きだったんです。それで中学に入ったとき、声優というお仕事を知りました。そして、その勢いで中学生なのですが、とあるオーディションを受けに行ったんです。その結果、グランプリは取れなかったけど、「審査員特別賞」をいただきました! それが今の私に到る、大きなきっかけですね」(内田さん、以下同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング