9thシングル『今日に恋色』 発売のMay’nがラゾーナ川崎でミニライブを開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月8日 18時0分

写真

川崎に舞った白い歌姫「May’n」

 2014年1月29日に9thシングル『今日に恋色』と4thアルバム『NEW WORLD』を同時リリースするMay’nが、12月28日、神奈川・ラゾーナ川崎にあるルーファ広場グランドステージで発売直前ミニライブを行った。

May’nのニューシングル&アルバム情報はこちら【画像あり】

 「部長~!」の大歓声に迎えられステージに登場したMay’nは、袖にはファーがあしらわれた白のコートに白のブーツ、そしてインには白のショートパンツと寒さも吹き飛ぶ爽やかなスタイル。そんな彼女とは対照的な黒の衣装を身に付けたダンサー2人も登場し最初に披露したのは、TVアニメ『アクセル・ワールド』のOPテーマ「Chase the world」だ。浅倉大介氏作曲のこの楽曲は『アクセル・ワールド』のオープニングを楽曲として作品を盛り上げていたが、ライブステージの熱を上昇させるのにももってこいの1曲だ。

 加速していく楽曲と共に会場を囲むファンたちの熱の上昇も急加速していき、広場は一気にMay’nのライブ会場へとその色を変えた。そして広場に響く歌声に惹かれ、ステージを上から眺められるテラスにも人が集まりだす。

 ライブが行われたラゾーナ川崎に登場するのは5年振りと語るMay’nだったが、さらにこの日は2013年の歌い納めでもあるとのことで、本年最後のライブと聞いた会場のテンションもマックスへと駆け上がる。

 ダンサーがさらに2人増え、続いて披露されたのは、TVアニメ『ブラッドラッド』のOPテーマ「ViViD」。こちらもアルバムに収録予定の8thシングル曲は、迷っている背中を押してくれる超ポジティブ応援ソング。ダンサーたちと輪になって踊り、歌詞に合わせて走り出す振りを見せるなど、ポップなダンスで観客を色鮮やかな世界へと連れていく。

 今年は日本武道館でのライブに始まり、全国8会場でのアコースティックライブにも挑戦し、11月のホールツアーまでさまざまな展開をみせてきたMay’nだが、その挑戦はまだまだ続いている。ニューアルバムでも新たなチャレンジをしていると語るMay’nが続いて披露したのは、アルバム『NEW WORLD』からリード曲の「Lose My Illusions」だ。大人のダンスロックで新たな一面が開けたというこの楽曲のほか、この日披露された「Chase the world」、「ViViD」も収録されたアルバムは、 May’n史上初となる全3形態でのリリースと、新たな挑戦が詰め込まれた1枚となっており、発売後にスタートするツアーで披露されるのが今から楽しみだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング